ソラナのDeFi「Kamino Finance」、4月に独自トークン「KMNO」のエアドロップ実施へ

Kamino Financeが4月にエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)ネットワーク上の分散型金融(DeFi)プロトコル「カミノファイナンス(Kamino Finance)」が、独自トークン「KMNO」のエアドロップを今年4月に設定した。同プロトコルの公式Xより3月7日発表された。

発表によるとエアドロップの対象者は、エアドロップに向けて導入されているポイントプログラム「カミノポイントシーズン1(Kamino Points season 1)」のポイント取得者とのこと。

「カミノポイントシーズン1」のスナップショットは今年3月31日に実施予定で、トークン生成イベント(Token Generation Event:TGE)については今年4月を予定しているとのことだ。

また「カミノポイントシーズン2(Kamino Points season 2)」も今年4月より開始予定となっており、シーズン2における「KMNO」の配布は、「カミノファイナンス」のプロダクトを継続的に使用しているユーザーに重点を置くという。

因みに「KMNO」の総供給量は100億KMNOと設定されており、初回供給量はその内の10%となる10億KMNOとのこと。また初期段階でコミュニティに配布される「KMNO」の割合は全体の7%となる7億KMNOとのことだ。

なお「KMNO」は、「カミノファイナンス」上のユーザーに対するインセンティブプログラムの管理や収益配分のコントロール、また分散化された「カミノファイナンス」の運営とリスク管理の為の投票に活用されるという。

「KMNO」発行元の「カミノファイナンス」では、暗号資産(仮想通貨)の貸し借りができるレンディングサービスや、DeFiに流動性を与えた際に受け取り可能なLPトークンを預け入れることで利息が得られるイールドファーミングサービスなどを提供している。

また同プロトコルでは「ロング/ショート」機能も提供されており、レバレッジをかけたポジションを保有することも可能である。

関連ニュース

images:iStoks/artsstock

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資