ソラナ基盤のDePINプロジェクト「io. net」が約45億円の資金調達実施、ソラナラボやアプトスラボなど参加

io.netが約45億円調達

ソラナ(Solana)基盤のDePIN(Decentralized Physical Infrastructure Network:分散型物的インフラストラクチャーネットワーク)プロジェクト「io.ネット(io.net)」が、シリーズAラウンドで総額3,000万ドル(約45億円)を調達したことを3月5日発表した。

「io.ネット」はAI(人工知能)及びML(機械学習)企業向けに、十分に活用されていないGPUリソースを統合して集約するDePINプロジェクトだ。今回調達した資金は、今年中に予定している50人から100人へのチーム拡充や、「io.ネット」 の構築継続に使用されるとのこと。

同ラウンドはハックVC(Hack VC)が主導し、マルチコインキャピタル(Multicoin Capital)、シックスマンベンチャーズ(6th Man Ventures)、M13、デルファイデジタル(Delphi Digital)、ソラナラボ(Solana Labs)、アプトスラボ(Aptos Labs)、フォレサイトベンチャーズ(Foresight Ventures)、ロングハッシュ(Longhash)、セブンエックス(SevenX)、アークストリーム(ArkStream)、アニモカブランズ(Animoca Brands)、コンティニュキャピタル(Continue Capital)、MHベンチャーズ(MH Ventures)、OKXが参加した。

「io.ネット」は今年2月にコミュニティ報酬プログラム「イグニション(Ignition)」の開始を発表しており、GPUを供給するネットワークサプライヤーとコミュニティメンバーに対して報酬が付与される。同プログラムは第1段階として3月1日から4月28日まで行われるとのこと。

また今年の第2四半期(4月~6月)には、「io.ネット」の独自トークン「IO」がリリースされる予定となっている。なお「IO」と「イグニション」で付与される報酬の関係については明かされていない。

関連ニュース

参考:io.net
images:iStoks/BadBrother

関連するキーワード

#IO

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した