アニモカブランズがKDDIとWeb3領域で事業提携へ

モカバースとαU walletを連携

アニモカブランズジャパン(Animoca Brands Japan)とKDDIが、Web3分野で事業連携する。両社が3月5日発表した。

この連携で両社は、アニモカブランズのWeb3プラットフォーム「モカバース(Mocaverse)」のデジタルID「モカID(Moca ID)」とKDDI提供の暗号資産(暗号資産)ウォレット「αU wallet」を連携させることで、「αU wallet」ユーザーが「モカバース」内のゲームやエンタメ、カルチャーなどのWeb3コンテンツへシームレスにアクセス可能にするための検討を実施するという。

ちなみに「モカバース」では、ユーザーが独自のデジタルIDであるモカIDを作成し、積極的な参加を通じてロイヤルティポイントを獲得し、そのポイントを使うことができる仕組みだ。

また、「モカバース」以外にもKDDI提供のNFTマーケットプレイス「αU market」でのブロックチェーンゲーム「ファントムギャラクシーズ(PHANTOM GALAXIES™)」のNFT販売など、アニモカブランズが有するIP・Web3コンテンツと「αU」の連携も検討していくとのことだ。

なお「ファントムギャラクシーズ」とはブロックチェーンを応用したオンラインマルチプレイ型のSFアクション RPG。アニモカブランズの子会社であるブロウフィッシュスタジオ(Blowfish Studios)が運営している。

両社は「モカバース」とメタバースおよびweb3に関するサービス「αU」の連携を通じて、日本のユーザーによりシームレスにweb3ゲーム、カルチャー、エンターテインメントを楽しめる環境をグローバルに提供することを目指すとのことだ。

昨年3月に始動した「αU」では、メタバースでエンタメ体験や友人との会話を楽しめる「αU metaverse」、360度自由視点の高精細な音楽ライブを楽しめる「αU live」、NFTとなるデジタルアート作品などの購入ができる「αU market」、暗号資産およびNFTを管理できる「αU wallet」、そして実店舗と連動したバーチャル店舗でショッピングができる「αU place」等が提供されている。

関連ニュース

images:iStock/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した