野村HDの子会社Laser Digital、ソラナ上の分散型オラクル「Pyth Network」と提携

Laser DigitalがPyth Networkと提携

野村ホールディングスの関連子会社レーザーデジタル(Laser Digital)が、ピスネットワーク(Pyth Network)との戦略的提携を3月7日発表した。

ピスネットワークは、ソラナ(Solana)ブロックチェーン上に構築された分散型オラクルネットワーク。同プロジェクトは、暗号資産(仮想通貨)や株式、外国為替、ETF、コモディティ等の資産のリアルタイム価格フィードを50以上のブロックチェーン上で提供している。バイナンス(Binance)やオーケーエックス(OKX)、ビットバンク(bitbank)をはじめとした多くのブロックチェーン関連企業が市場データの提供者としてピスネットワークと協働している。

今回の提携によりレーザーデジタルは、ピスネットワークへデータプロパイダーとして参画する。当初は暗号資産の価格データを提供するとのことだ。

レーザーデジタルは今年1月、機関向けのオルタナティブ投資に関するweb3インフラ「リブレ(Libre)」のローンチ予定を発表していた。

「リブレ」は、資産のトークン化とスマートコントラクトを活用し、オルタナティブ投資の法規制に準拠したトークン発行と自動化されたライフサイクル管理のために設計されているという。

なお「リブレ」は2024年の第1四半期(1~3月)にサービス開始予定とのこと。

ちなみに「リブレ」は、ポリゴン(polygon)ブロックチェーンの開発を主導するポリゴンラボ(Polygon Labs)が提供するオープンソースのブロックチェーン開発キット「ポリゴンCDK(Polygon Chain Development Kit)」によって構築されるとのことだ。

関連ニュース

参考:レーザーデジタル
images:iStocks/Muhammad-Farhad

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資