野村HD子会社「Laser Digital」、機関投資家向けDeFi「Infinity Exchange」へ出資

レーザーデジタルがインフィニティエクスチェンジへ戦略的投資実施

野村ホールディングスの関連子会社「レーザーデジタル(Laser Digital)」が、機関投資家向けDeFi(分散型金融)プロトコル提供の「インフィニティ・エクスチェンジ(Infinity Exchange)」への戦略的投資を行ったことを2月15日発表した。なお今回の投資額は非公開だ。

この投資により「インフィニティ・エクスチェンジ」は、機関投資家向け融資・借入のためのインフラ開発を加速させるという。

レーザーデジタルの投資部門責任者のオリヴィエ・ダン氏(Olivier Dang)は「インフィニティの基盤は、機関投資家のオンチェーンフロー、新しいレベルの金利とリスクの改革のための道を開くものであり、私たちは彼らのハイブリッドファイナンス分野での発展を積極的に支援する」とコメントしている。

「インフィニティ・エクスチェンジ」は、取引の効率・安全・拡張性を実現するためにオフチェーンで計算処理を行い、オンチェーンでトランザクションを処理するハイブリッドインフラを提供する企業だ。同社は昨年9月にも、「サスケハナ・インターナショナル・グループ(Susquehanna International Group)」、「ジーエスアール(GSR)」、「フロートレーダーズ(Flow Traders)」、「シースクエア(CSquared)」、「ブロックゼロ(Block0)」、「オーダブリューシー(OWC)」、「シーエムエス(CMS)」らからシードラウンドで420万ドル(約5.6億円)の資金調達を実施している。

「レーザーデジタル」は、昨年9月にスイスで設立されたデジタル資産(アセット)に特化した企業だ。DeFi(分散型金融)・CeFi(集権型金融)・Web3・ブロックチェーンインフラに重点を置いて投資を行っている。同社は昨年11月、NEARブロックチェーン基盤の分散型金融(DeFi)での取引インフラを開発するオーダーリーネットワーク(Orderly Network)へ未公開額の投資を行っていた。

関連ニュース

参考:レーザーデジタル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother・sasha85ru

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も