FTX US元CEOがDeFiで起業、コインベースやサークルらから500万ドル調達

FTX US元CEOの会社、500万ドル調達

FTX US元CEOブレット・ハリソン(Brett Harrison)氏が、DeFi(分散型金融)領域の企業設立および500万ドル(約6.4億円)の資金調達を1月20日に発表した。企業名はアーキテクト(Architect)。

なおハリソン氏は昨年9月にFTXを離れている。

アーキテクトは、暗号資産(仮想通貨)市場の構造を合理化し、企業や大手トレーディング企業らがDeFiやCeFi(中央集権型金融)に簡単かつ安全にアクセスできるようにする機関投資家レベルの取引技術を構築していく企業だという。

この投資ラウンドには、コインベースベンチャーズ(Coinbase Ventures)やサークルベンチャーズ(Circle Ventures)、SVエンジェル(SV Angel)、モチベートVC(Motivate VC)らや個人投資家が参加した。

参考:Brett Harrison
images:iStocks/BadBrother・sasha85ru
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/20話題】グリーのSui採用ゲーム「釣りスタ」配信開始、コナミが「Avalancheサブネット」採用など

【取材】グリー、Sui採用ブロックチェーンゲーム「釣りスタ」配信開始、米クラーケン、入金システムバグ発見の「セキュリティ研究者」と対立、コナミが「Avalancheサブネット」採用、NFT提供ソリューション「リセラ」に、バイナンス、BNB保有者向けエアドロサービス「HODLer Airdrops」開始、バイナンスにLayerZero(ZRO)上場へ、バイナンスUS、米国の複数の州でライセンス取り消し相次ぐ=報道、ハッシュキーのグローバル向け暗号資産取引所「HashKey Global」、先物取引のサービス提供開始、ビットコインステーキング「Babylon」、テストネットの次段階を開始へ、リキッドリステーキングプロトコル「Renzo」、1700万ドル調達、イーサリアム「edcon2024 TOKYO」、ヴィタリックが現地参加でヘッドライナーに。本田圭佑の出演も

Sponsored