野村のデジタル資産子会社Laser Digital、東京オフィスを新設

Laser Digitalが東京オフィスを新設

野村ホールディングスのデジタルアセット子会社であるLaser Digital Holdings(レーザーデジタルホールディングス)が、東京オフィスとなる新会社Laser Digital Japan(レーザーデジタルジャパン)の設立を10月2日発表した。

Laser Digital Holdingsは、スイスを拠点にデジタルアセットのセカンダリー・トレーディング、ベンチャーキャピタル、投資商品の3分野に注力する企業。昨年9月に設立されている。

新会社においては、Laser Digital Holdingsのトレーディングビジネスをサポートするとのことで、事業内容は、「グループ企業向けのオペレーションサービスの提供、デジタル・アセットに関連するビジネスの開発と調査および関連業務」となっている。資本金は1億円。

なおLaser Digital Holdingsの直近の動きとして、同社は先月9月に機関投資家向けのビットコインファンドを立ち上げている。商品名は「ビットコインアダプションファンド(Bitcoin Adoption Fund)」だ。

このファンドは、ビットコイン(BTC)へのロング(買い)のみにエクスポージャーを提供する商品となっている。レーザーデジタルが市場へ提供するデジタル資産投資商品としては初となる。

また今年8月にはレーザーデジタルのドバイ支部にあたる「レーザーデジタルミドルイーストFZE(Laser Digital Middle East FZE)」が、ドバイの規制当局であるドバイ暗号資産規制機関(Dubai Virtual Asset Regulatory Authority:VARA)から営業許可を得ている。

6月にレーザーデジタルは、店頭(OTC)外国為替(FX)とデジタル資産のポストトレード・ソリューションの大手プロバイダーであるエリジウム・テクノロジー・グループ(Elysium Technology Group)を買収している。

関連ニュース

参考:野村證券レーザーデジタル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/alice-photo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している