野村HDデジタル資産子会社レーザーデジタル、デジタル資産ポストトレードのエリジウム買収

レーザーデジタルがデジタル資産ポストトレードのエリジウム買収

野村ホールディングスの関連子会社レーザーデジタルホールディングス(Laser Digital Holdings)が、エリジウム・テクノロジー・グループ(Elysium Technology Group)の買収を6月29日発表した。なお買収額については非公表のようだ。

レーザーデジタルは、野村HDのスイス子会社でデジタル資産事業を行う企業。昨年9月に設立されている。

またエリジウム・テクノロジー・グループは、店頭(OTC)外国為替(FX)とデジタル資産のポストトレード・ソリューションの大手プロバイダー。ポストトレードは、株式などの証券・債権の取引が約定した後に行う必要のある業務全般のこと。

両社は声明で、この取引は「機関デジタル資産投資家に資産を超えた取引後の機能を提供するために提携する両社にとって重要なマイルストーン」であると述べている。なお買収に関する取引は間もなく完了する予定であるとのことだ。

レーザーデジタルのエグゼクティブ・チェアマンであるスティーブ・アシュリー(Steve Ashley)氏は、「エリジウムの買収は、金融の未来に対する当社のビジョンに完全に合致する戦略的な動きです。レーザーデジタルとエリジウムのプラットフォームを組み合わせることで、機関のデジタル資産投資家が必要とするクロスアセット・ポストトレードシステムを提供することが可能になる」とコメントしている。

なおレーザーデジタルは今年2月、機関投資家向けDeFi(分散型金融)プロトコル提供の「インフィニティ・エクスチェンジ(Infinity Exchange)」への戦略的投資を行ったことを発表していた。なおこの投資により「インフィニティ・エクスチェンジ」は、機関投資家向け融資・借入のためのインフラ開発を加速させるとの事だった。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:Laser Digital
デザイン:一本寿和
images:iStoks/Bulgnn・BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored