パンケーキスワップ(CAKE)、「Polygon zkEVM」で展開

パンケーキスワップがPolygon zkEVMに展開

大手DEX(分散型取引所)パンケーキスワップ(PancakeSwap)の3つ目のバージョン「パンケーキスワップv3」が、「ポリゴンzkEVM(Polygon zkEVM)」上に6月30日にローンチされた。

パンケーキスワップは、これまでBNBチェーン、イーサリアム(Ethereum)メインネット、アプトス(Aptos)上にローンチされており、「ポリゴンzkEVM」はパンケーキスワップが利用できる4つ目のブロックチェーンとなった。

発表によると今回の「ポリゴンzkEVM」でのローンチは、今後進められるマルチチェーン展開の始まりであるとのことだ。

なお今回のマルチチェーン展開の開始を記念して、タスクのクリアにより記念NFTが獲得できる「トラバース・ザ・トレジャーアイランド(Traverse the Treasure Islands)」イベントをweb3クレデンシャルデータネットワーク「Galxe」で開催するとも併せて発表されている。

「パンケーキスワップv3」は、v2に比べてトレーダーの取引手数料が最大25倍低くなる他、リクイディティプロバイダー(流動性供給者:LP)は今までと同額の預金でも数倍の手数料が得られるという特徴を持つDEXだ。

なお大手DEX「ユニスワップv3」にも採用されている取引手数料を変動値にする「Multiple Fee」を導入し、v2では0.25%で一律であった取引手数料が、V3では0.01%、0.05%、0.25%、1%の 4つの異なる取引手数料が導入されている。

これら取引手数料は、ステーブルコインのように流動性プールに預けた後の価格変化が少ない資産は0.01%の手数料に分類され、反対に価格損失の可能性が高い資産や流動性の低い資産はより高い取引手数料に対応することになるという。

「ポリゴンzkEVM」は、ゼロ知識証明(zero-knowledge proof:zkp)の活用によりスケーラビリティ問題の解決を目指すイーサリアムのL2ネットワーク。

同ネットワークは、イーサリアム上でスマートコントラクトを実行するEVM(Ethereum Virtual Machine)と互換性があるため、イーサリアム上での開発で利用しているコードやツールをそのまま使用できるという特徴がある。

なお今年4月には、同ネットワーク上にユニスワップ V3(Uniswap V3)をローンチするという提案に対するガバナンス投票が行われ可決している。

はじめてのビットコインはメルカリで

関連ニュース

参考:ブログ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/RAPEEPON-BOONSONGSUWAN・dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ