BNBチェーンがハードフォーク「プランク(Planck)」実行へ、セキュリティ強化のため

BNBチェーン、「プランク(Planck)」実行へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が提供するブロックチェーンのBNBチェーン(BNB Chain)が、4月12日頃に予定されるブロック高27,281,024で、ハードフォークを伴うアップグレード「プランク(Planck)」を実施する。

BNBチェーンネットワークはビーコンチェーンとスマートチェーンと呼ばれる2つのブロックチェーンで構成されている。プランクアップグレードはこれら2つのブロックチェーン間で行われるクロスチェーンブリッジのセキュリティを向上させ、効率と相互運用性を向上させることを目的に行われる。

2022年10月BNBチェーンはクロスチェーンブリッジ機能の脆弱性をついた1億ドル規模のハッキング被害を受けている。これは現在もBNBチェーンが採用している証明メカニズム「IAVL証明検証」の脆弱性によるものだ。

今回のアップグレードはBEP-171として提案された機能の実装だ。BEP-171はブリッジの証明メカニズムの更新や、大規模なクロスチェーン転送のためのタイマーロック機能の導入、クロスチェーンチャネルの一時停止機能の実装を含んだ提案だ。なおBEPとはBNB Evolution Proposals(BNB進化提案)の略語である。

BNBチェーンコアチームは、プランクアップグレードをスムーズに実行するために利害関係者に向け準備をするよう呼び掛けている。またフルノードのオペレーターに対してはノードクライアントソフトウェアのバージョンを最新のものにするよう指示している。

なおBNBチェーンでは4月3日大手DEX(分散型取引所)パンケーキスワップ(PancakeSwap)のバージョン3がローンチされた。そのためパンケーキスワップではこれまで利用できなかった異なる取引手数料の導入が可能になった。

関連ニュース

参考:BNBチェーン
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ivanmollov・dalebor

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した