温泉旅館「湯けむりの宿 雪の花」のST発行でケネディクス、みずほ信託、野村證券、BOOSTRYら協業

不動産ST発行でケネディクスら4社が協業

ケネディクス(KDX)、みずほ信託銀行、野村證券、BOOSTRY(ブーストリー)の4社が、不動産を裏付け資産とするセキュリティトークン(ST/証券トークン)の公募に関する協業を12月23日発表した。

今回社が協業し発行する予定のSTは「ケネディクス・リアルティ・トークン湯けむりの宿 雪の花(譲渡制限付)」だ。三井住友ファイナンス&リースの戦略子会社のSMFLみらいパートナーズが所有する、資産規模43.7億円の温泉旅館「湯けむりの宿 雪の花」1物件を投資対象不動産とし、12月28日に発行がされる予定とのこと。なおこのST公募に関してKDXは、SMFLみらいパートナーズと協業している。

同物件の準共有持分の95%をKDXが運用する特別目的会社に譲渡し、KDXがアセットマネージャーとしてSTの公募を実施するという。また同物件の準共有持分の5%は引き続きSMFLみらいパートナーズが継続して保有し、同物件を運営する共立メンテナンスとともに安定的な運用を目指すとのことだ。

なお本STの発行総額は21.65億円。運用期間については約6年9か月で、2029年9月期に償還予定とのこと。STの発行の委託者はKPM1、受託者はみずほ信託銀行、取り扱い会社は野村證券となる。

またこのSTの証券情報・取引情報は、ブロックチェーンネットワーク「ibet for Fin」を用いて管理するとのこと。なお「ibet for Fin」にはブロックチェーン基盤として、エンタープライズ向けの「クオーラム(Quorum)」が用いられている。

関連ニュース

丸紅と常陽銀行出資のデジタル証券準備会社、「匿名組合出資持分」をセキュリティトークンに

三菱UFJ信託、ケネディクス、大和証券、SMBC日興証券が不動産をセキュリティトークン化

SMBCが譲渡不可NFT「SBT」で新事業検討、発行はパレットチェーンで

【取材】三菱UFJ信託、みずほ信託、三井住友信託ら7社、デジタル資産基盤「Progmat」運営の合弁会社設立へ

2022年、web3業界に最も影響を与えたのは?【Blockchain Award 04 結果発表】

参考:SMBC
images:iStocks/Tomwang112

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している