野村のデジタル資産子会社Laser Digital、資産トークン化プラットフォーム「Libre」ローンチへ

Laser Digitalが資産トークン化プラットフォーム「Libre」ローンチへ

野村ホールディングスの関連子会社レーザーデジタル(Laser Digital)が、機関向けのオルタナティブ投資に関するweb3インフラ「リブレ(Libre)」のローンチ予定を1月10日発表した。

同インフラは、金融およびweb3のインキュベーションハブであるウェブエヌグループ(WebN Group)と立ち上げるとのこと。

なお「リブレ」は、「ポリゴンCDK(Polygon Chain Development Kit)」を活用して構築されたという。

「ポリゴンCDK」は、ポリゴン(polygon)ブロックチェーンの開発を主導するポリゴンラボ(Polygon Labs)が提供するオープンソースのブロックチェーン開発キット。イーサリアム(Ethereum)上にゼロ知識証明(zero-knowledge proof:zkp)を利用した独自のレイヤー2ブロックチェーン構築を容易にするために開発された。

「ポリゴンCDK」を用いて開発されたブロックチェーンは、今後「ポリゴンCDK」を用いて開発された他のブロックチェーンとシームレスに相互運用可能になるよう計画されている。

「リブレ」は、資産のトークン化とスマートコントラクトを活用し、オルタナティブ投資の法規制に準拠したトークン発行と自動化されたライフサイクル管理のために設計されているとのこと。

なお「リブレ」は2024年の第1四半期にサービスを開始する予定だという。大手オルタナティブ投資管理会社ブレバン・ハワード(Brevan Howard)と大手プライベートマーケット投資管理会社ハミルトン・レーン(Hamilton Lane)と戦略的提携し、両社が「リブレ」の最初の発行体となることが既に計画されているとのことだ。

なおレーザーデジタルは昨年7月、ウェブエヌグループへの出資を発表していた。この際両社は、高水準のリスク管理とコンプライアンスを機関グレードのテクノロジー製品と組み合わせ、新たなビジネスを共同構築するとしていた。

関連ニュース

参考:レーザーデジタルポリゴンラボ
images:iStock/FeelPic

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した