XがNFTのアイコン設定を停止、枠が六角形から丸型に戻る

X、NFT画像のプロフィール設定機能を停止

Xが、NFT画像をプロフィールアイコンに設定できる機能を停止したことが1月10日分かった。

この機能は、月額有料制のサブスクリプションサービスであるXプレミアム(旧:Twitter Blue)にてプロフィールアイコンをNFT画像に設定することで、通常の丸形プロフィールアイコンを六角形へ変更できるのが特徴だった。またプロフィールアイコンからNFTの所有者やNFTの説明、プロパティ、コントラクトアドレスなどNFT画像の詳細も表示できた。

しかし現在はXプレミアム内のNFTを活用した機能が削除されており、六角形のプロフィールアイコンも丸形に戻っている。

また「あたらしい経済」編集部が確認したところ、米国向けのXヘルプサイトからもNFTに関する記載が全て削除されていた。なお日本向けのXヘルプサイトでは、NFT画像をプロフィールアイコンに設定する方法などのNFTに関する説明が現在も残っている。

今回Xから削除されたNFT関連の機能は、イーロン・マスク(Elon Mask)氏がツイッター(Twitter:現X)を買収する前である2022年1月より提供開始されていたサービスで、約2年間サポートされていた。ちなみにマスク氏がツイッターの買収を完了したのは同年10月である。

なお同機能はNFTマーケットプレイス「オープンシー(OpenSea)」のAPIで提供されており、プロフィールアイコンに設定可能なトークン規格は ERC721やERC1155などのイーサリアム(Ethereum)上で発行されたNFTを利用できた。

関連ニュース

images:iStock/Molnia・undefined-undefined

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した