XがNFTのアイコン設定を停止、枠が六角形から丸型に戻る

X、NFT画像のプロフィール設定機能を停止

Xが、NFT画像をプロフィールアイコンに設定できる機能を停止したことが1月10日分かった。

この機能は、月額有料制のサブスクリプションサービスであるXプレミアム(旧:Twitter Blue)にてプロフィールアイコンをNFT画像に設定することで、通常の丸形プロフィールアイコンを六角形へ変更できるのが特徴だった。またプロフィールアイコンからNFTの所有者やNFTの説明、プロパティ、コントラクトアドレスなどNFT画像の詳細も表示できた。

しかし現在はXプレミアム内のNFTを活用した機能が削除されており、六角形のプロフィールアイコンも丸形に戻っている。

また「あたらしい経済」編集部が確認したところ、米国向けのXヘルプサイトからもNFTに関する記載が全て削除されていた。なお日本向けのXヘルプサイトでは、NFT画像をプロフィールアイコンに設定する方法などのNFTに関する説明が現在も残っている。

今回Xから削除されたNFT関連の機能は、イーロン・マスク(Elon Mask)氏がツイッター(Twitter:現X)を買収する前である2022年1月より提供開始されていたサービスで、約2年間サポートされていた。ちなみにマスク氏がツイッターの買収を完了したのは同年10月である。

なお同機能はNFTマーケットプレイス「オープンシー(OpenSea)」のAPIで提供されており、プロフィールアイコンに設定可能なトークン規格は ERC721やERC1155などのイーサリアム(Ethereum)上で発行されたNFTを利用できた。

関連ニュース

images:iStock/Molnia・undefined-undefined

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究