NFTの価値を高める? ツイッターがプロフィール画像NFT認証テスト実施

ツイッターがプロフィール画像NFT認証テスト実施

ツイッター(Twitter)社がユーザーのプロフィール画像に、そのユーザーが保有するNFTに紐づいた画像を、認証し表示する機能をテストしていることが9月29日に分かった。

ツイッター社のコンシューマープロダクトマーケティング部門責任者ジャスティン・テイラー(Justin Taylor)氏が、そのデモ動画を公開した。なおこの機能は開発中とのことで、現在はフィードバックやアイデアを募集している段階のようだ。

その動画では、ユーザーがプロフィール画像をタップすると、通常の写真選択に加えて「Select NFT」という選択肢が表示され、そこから暗号資産ウォレットを連携することで、NFTに紐づいた画像がプロフィール画像として設定できる一連の流れが紹介されている。

なお表示されたNFTプロフィール画像には、イーサリアムのロゴが重ねて表示されており、それが認証の印となるようだ。

デモはイーサリアムで行われていたので詳細は不明だが、別のブロックチェーンの場合は別のロゴが表示されるのではないかと想定できる。 またあくまでデモではあるが、連携できる暗号資産ウォレットとしてMetamaskをはじめ、coinbase、Trust、Argentなど合計9つのウォレットが表示されていた。

ツイッター社は9月24日にビットコインや現金に対応した投げ銭機能「Tips」を公開したばかり。その際に今回のNFT画像認証についても準備中ではと報じられていたが、そのデモ動画が公開された形だ。

なおこのような認証機能がなくとも、すでにNFTフリークの中では自分の所持するNFT画像をアイコンに設定するのが流行っている。ただ現状だと特にウォレットなどの認証がないため、NFTを持ってない人でも、誰でもコピーすれば設定できる状況だ。

この認証機能が実際に公開されれば、現在のNFTのブームのまた一つの後押しになる可能性が高いのではないか。

なおこの機能ではウォレットを認証するので現状よりも「本当にNFTの所持者」であることが証明できる。

一方例えば悪意のあるユーザーがNFTからコピーした画像から新たなNFTを作り、自分のウォレットに表示させるなどをした場合は、本物と見分けがつかなくなるだろう。そのような行為にツイッターが何らかの策を講じてくるのかにも注目だ。

参考:ツイッター
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Molnia・noLimit46

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【10/20の話題】フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、米国BTC先物ETFの初日売買など(音声ニュース)

フェイスブックらのデジタルウォレット「Novi」、パイロット版ローンチ、米国でビットコイン先物ETF取引開始、初日売買代金は約10億ドル。現物も過去最高値付近まで上昇、次はビットコイン「現物」ETF承認か、グレースケールがGBTCをETFに転換申請、米チェイナリシスがNYDIGと提携、ビットコイン購入計画も、野村HDがデジタルガレージ子会社へ出資、Komainuと3社で国内機関投資家向けのカストディ事業検討へ、コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結、コスメブランド「CLNIQUE」、NFT活用のSNSプロモーションを発表

コインベースとNBA、複数年のパートナーシップ締結

暗号資産取引所運営の米コインベース・グローバル(Coinbase Global)と、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)が、複数年にわたるパートナーシップを締結したことを10月19日に発表した。具体的にコインベースはNBA、WNBA、NBA Gリーグ、NBA 2Kリーグ、USAバスケットボールらと、暗号資産プラットフォームを提供する契約を結んだ。