NFTの価値を高める? ツイッターがプロフィール画像NFT認証テスト実施

ツイッターがプロフィール画像NFT認証テスト実施

ツイッター(Twitter)社がユーザーのプロフィール画像に、そのユーザーが保有するNFTに紐づいた画像を、認証し表示する機能をテストしていることが9月29日に分かった。

ツイッター社のコンシューマープロダクトマーケティング部門責任者ジャスティン・テイラー(Justin Taylor)氏が、そのデモ動画を公開した。なおこの機能は開発中とのことで、現在はフィードバックやアイデアを募集している段階のようだ。

その動画では、ユーザーがプロフィール画像をタップすると、通常の写真選択に加えて「Select NFT」という選択肢が表示され、そこから暗号資産ウォレットを連携することで、NFTに紐づいた画像がプロフィール画像として設定できる一連の流れが紹介されている。

なお表示されたNFTプロフィール画像には、イーサリアムのロゴが重ねて表示されており、それが認証の印となるようだ。

デモはイーサリアムで行われていたので詳細は不明だが、別のブロックチェーンの場合は別のロゴが表示されるのではないかと想定できる。 またあくまでデモではあるが、連携できる暗号資産ウォレットとしてMetamaskをはじめ、coinbase、Trust、Argentなど合計9つのウォレットが表示されていた。

ツイッター社は9月24日にビットコインや現金に対応した投げ銭機能「Tips」を公開したばかり。その際に今回のNFT画像認証についても準備中ではと報じられていたが、そのデモ動画が公開された形だ。

なおこのような認証機能がなくとも、すでにNFTフリークの中では自分の所持するNFT画像をアイコンに設定するのが流行っている。ただ現状だと特にウォレットなどの認証がないため、NFTを持ってない人でも、誰でもコピーすれば設定できる状況だ。

この認証機能が実際に公開されれば、現在のNFTのブームのまた一つの後押しになる可能性が高いのではないか。

なおこの機能ではウォレットを認証するので現状よりも「本当にNFTの所持者」であることが証明できる。

一方例えば悪意のあるユーザーがNFTからコピーした画像から新たなNFTを作り、自分のウォレットに表示させるなどをした場合は、本物と見分けがつかなくなるだろう。そのような行為にツイッターが何らかの策を講じてくるのかにも注目だ。

参考:ツイッター
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Molnia・noLimit46

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored