現物ビットコインETF、1日での純流入額が過去最高値となる10億ドルを突破

過去最高の純流入額を記録

3月12日の現物ビットコイン(BTC)ETF(上場投資信託)の純流入額が、10億ドル(約1479億円)を超えた。ビットメックスリサーチ(BitMEX Research)のデータにて確認できる。

なお現物ビットコインETFの純流入額が1日で10億ドルを超えるのは過去最高の数値となる。

データでは、ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が8億4900万ドル(約1322億円)の資金流入を記録、次点でアークと21シェアーズの「アーク21シェアーズ・ビットコインETF(ARK 21Shares Bitcoin ETF:ARKB)」が9300万ドル(約137億円)の資金流入となった。

提供開始となった1月11日以降の現物ビットコインETFの純流入総額は、111億ドル(約1.6兆円)となっている。

K33リサーチ(K33 Research)のシニアアナリストのヴェトル・ルンデ(Vetle Lunde)氏によれば、全世界で、投資ビークルによるビットコインの運用は約106万ビットコイン(約776億ドル)を超えたようだ。

同氏は3月13日のXにて「3月12日、BTC投資ビークルへの純流入額が過去2番目に多かった。16,979BTCが1日で吸収された。昨日は欧州を除く全地域に純流入。BTC投資ビークルは現在1,068,683BTCを運用している」と報告している。

関連ニュース

images:iStocks/ivanmollov・LongQuattro

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論