アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も

今夏に提供開始予定

アニモカブランズジャパン(Animoca Brands Japan)が、NFTローンチパッドを今年夏に提供開始すると4月12日発表した。

NFTローンチパッドは、プロジェクトやクリエイター等が発行するNFTの販売機会を提供するプラットフォームだ。アニモカブランズジャパン提供のNFTローンチパッドでは、同社が選定するプロジェクトへNFT販売の場を提供するだけでなく、販売戦略やマーケティングなど多角的支援が受けられるとのこと。

同NFTローンチパッドの対応チェーンは、イーサリアム(Ethereum)とポリゴン(Polygon)。トークン規格はERC-721で、決済方法は、クレジットカードと暗号資産に対応するという。販売方法は、抽選販売、先着順販売、Allow List(優先購入権)を利用した販売、リビール有無等柔軟に対応予定とのことだ。

また今回の発表と併せてアニモカブランズジャパンは、NFTローンチパッドでNFTの販売を希望するプロジェクトの募集も開始している。

なお同NFTローンチパッドの名称は後日発表予定であり、今後の情報はアニモカブランズジャパンの公式Xから確認できるとのことだ。

アニモカブランズジャパンは、アニモカブランズの戦略的子会社として2021年10月に設立された。また同社は日本の知財やコンテンツ(IP)ホルダーのweb3に関する世界展開を支援する目的で設立されている。

アニモカブランズジャパンは2022年8月、三菱UFJ銀行とアニモカブランズ(Animoca Brands Corporation Limited)から61.5億円の資金調達を行ったことを発表。これによりアニモカブランズジャパンの企業評価額は5億ドル(約683億円)となっている。

今年3月にはKDDIとWeb3分野で事業連携することが発表されている。

関連ニュース

images:iStock/Arkadiusz-Warguła

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資