アニモカブランズジャパン、三菱UFJ銀行らから61.5億円調達。評価額は約683億円に

アニモカブランズジャパン、三菱UFJ銀行らから61.5億円調達

NFT関連企業アニモカブランズ(Animoca Brands Corporation Limited)の日本拠点であるアニモカブランズジャパン(Animoca Brands Japan:アニモカブランズ株式会社)が、三菱UFJ銀行とアニモカブランズ(Animoca Brands Corporation Limited)から61.5億円の資金調達を行ったことを8月26日に発表した。これによりアニモカブランズジャパンの企業評価額は5億ドル(約683億円)となったとのこと。

アニモカブランズジャパンは、アニモカブランズの戦略的子会社として2021年10月に設立された。また同社は日本の知財やコンテンツ(IP)ホルダーの、web3に関する世界展開を支援する目的でつくられたという。

アニモカブランズジャパンは、調達した資金を活用し、人気IPライセンス確保、社内能力の開発、複数のパートナーへのweb3の採用促進を継続し、ブランドコンテンツの価値と実用性を高めるとともに、日本における安心・安全なNFTエコシステムの発展を促進していくとのことだ。

アニモカブランズジャパンは今年2月に設立されており、同社設立前の日本進出準備会社では1月にシードラウンドとしてMCPアセット・マネジメントが組成した「IPX1号ファンド」により500万ドルを調達。そしてアニモカブランズから500万ドルの調達し、合計1,000万ドルの資金調達を完了していた。なお「IPX1号ファンド」には講談社、西日本鉄道、三井住友信託銀行などが参画している。

なお今年3月に、三菱UFJ銀行はアニモカブランズジャパンと協業し、NFT事業へ参入することを発表していた。

参考:アニモカブランズ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/4話題】コインチェックとFanplaがIEOの契約締結、ブラックロックのビットコインETFの運用資産総額100億ドルなど

コインチェックとFanplaがIEOに向けた契約締結、Emooteが発行体パートナーに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破、イーサL2「Taiko」、シリーズAで1500万ドル調達、クリプトガレージ、法人向け「SETTLENET CUSTODY」でETHステーキング提供開始、ナイジェリア、バイナンスに100億ドルの罰金課したとの報道を否定、ソラナのDePINプロジェクト「io. net」、コミュニティ報酬プログラム開始、StarkWare、超高速暗号化証明システム「Stwo」をオープンソース化

ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、運用資産総額100億ドルを突破

ブラックロックの現物ビットコインETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」が、2月29日に運用資産100億ドル(約1.5兆円)に達した。ブルームバーグのアナリストであるエリック・バルチュナス(Eric Balchunas)氏が自身のXアカウントから3月1日報告している