米コインベース、「イーサリアム先物商品」提供へ

米コインベース、「イーサリアム先物」提供へ

米暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、同社2つ目のデリバティブ商品となるイーサリアム(Ethereum)先物商品の提供予定を8月26日に発表した。同社のデリバティブ取引所であるコインベースデリバティブエクスチェンジ(Coinbase Derivatives Exchange)にて、8月29日より提供が開始される予定。

この先物商品の正式名称は「ナノイーサフューチャーズコントラクト(Nano Ether futures contract)」であり、トレーディングコードは「ET」である。同商品は、イーサリアムの10分の1のサイズの先物契約を提供することにより、従来の先物よりも少ない資本で取引が行えるとのことだ。

なお「ナノイーサフューチャーズコントラクト」は、今年6月に発表されたビットコイン(Bitcoin)先物「ナノビットコインフューチャーズ(Nano Bitcoin futures)」に続くものである。このビットコイン先物については提供開始から2か月で290万件以上の取引が行われているとのことだ。

なおビットコイン先物と同様にイーサリアム先物についてもサードパーティーのブローカーや清算会社を介した取引となるとのこと。コインベースは同取引所で投資家が直接取引できるようにする為、米商品先物委員会(CFTC)認定の先物取引業者(FCM)の運営ライセンスを申請しており、現在は承認待ちとのことだ。

コインベースは今年1月に米デリバティブ取引所フェアエックス(FairX)を買収し、同取引所をコインベースデリバティブエクスチェンジと改称して運営を開始している。

またコインベースは8月25日にイーサリアムのリキッドステーキングトークンである「cbETH」の発行を発表した。cbETHは同日中に上場し、取引が開始されている。

関連ニュース

米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ

米コインベース、ETHのリキッドステーキングトークン「cbETH」を発行

イーサリアム財団、メインネット「The Merge」実施日程を正式発表

コインベースがFairX買収、米国でデリバティブ取引提供に向け

コインベースウォレット、ソラナDAppsに対応

参考:Coinbase
デザイン:一本寿和
images:iStocks/wacomka

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した