ポリゴン(Polygon)創業者らのweb3 VC「Symbolic Capital」、約68億円調達

Polygon創業者が率いるweb3ベンチャーファンドが約68億円調達

web3ベンチャーキャピタル(VC)であるシンボリック・キャピタル(Symbolic Capital)が、約68億円(5000万ドル)を調達したことを8月26日に発表した。調達した資金は、初期段階のweb3企業に投資を行うVCファンドの運用に利用される。

なお同ファンドへ出資した投資家はファミリーオフィス、暗号資産(仮想通貨)取引所、機関投資家などとされているが、具体的な名前は明かされていない。

シンボリック・キャピタルはポリゴン(Polygon)の創業者であるサンディープ・ネイルウォル(Sandeep Nailwal)氏とセレ・ネットワーク(Cere Network)の創業者であるケンジ・ワン(Kenzi Wang)氏が共同で今年5月に立ち上げたVCだ。両氏は大手暗号資産取引所バイナンス(Binance)のBinance Labsで2019年に出会い、そこでアクシーインフィニティ(Axie Infinity)やYGG(Yield Guild Games)、バイコノミー(Biconomy)なお40以上のトッププロジェクトへ共同で出資してきたという。

ネイルウォル氏はシンボリック・キャピタルの強みとして「web3創業者が率いるWeb3ベンチャーキャピタルであること」を挙げており、自身の経験から投資先のビルダーに対して比類ないサポートを提供することができると述べている。

同社はこれまでにweb3ゲームスタジオのブリンクムーン(BlinkMoon)、ポリゴン上のメタバースであるプラネット・モジョ(Planet Mojo)、eスポーツのコミュニティゲーミング(Community Gaming)など15社に投資を行っているとのこと。なおファンドを立ち上げるのは同社初となるようだ。

またネイルウォル氏は「クリプトベンチャーキャピタルの現状を見ると、web3創業者が立ち上げた会社はほとんどありません。私たちはブロックチェーン企業を一から作り上げ、これらのプロジェクトが直面するユニークな課題を熟知しています」とコメントしている。

関連ニュース

ポリゴン(MATIC)が約510億円調達、Web3のAWS目指す

eスポーツの「Community Gaming」が約19億円調達、アニモカやバイナンスらから

メタバースのアバタープラットフォーム「Ready Player Me」、a16zらから約76億円調達

web3事業者向けカストディ提供のSafeheronが約9.6億円調達、メタマスクと連携も

米コインベース、ETHのリキッドステーキングトークン「cbETH」を発行

参考:Smbolic Capital(Twitter)
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored