web3事業者向けカストディ提供のSafeheronが約9.6億円調達、メタマスクと連携も

Safeheronが約9.6億円調達、メタマスクと連携も

web3事業者向けのセルフカストディソリューション提供のセーフヘロン(Safeheron)が、プレシリーズAラウンドで700万ドル(約9.6億円)の資金調達を行なったことを8月19日に発表した。

また同社は同日に暗号資産(仮想通貨)ウォレットのメタマスク(Metamask)との戦略的パートナーシップを締結も明らかにした。

プレシリーズAラウンドは、Yunqi PartnersとWeb3Visionが共同主導し、プライムブロックベンチャーズ(PrimeBlock Ventures)、コボ・ベンチャーズ(Cobo Ventures)、M77 Ventures、シャタキャピタル(ShataCapital)、クリプトス(Kryptos)、アンタルファ・ベンチャーズ(Antalpha Ventures)、ウォータードリップキャピタル(Waterdrip Capital)、7O’CLOCK CAPITAL、セコイア・キャピタル・チャイナ(Sequoia Capital China)の元共同創設者ファン・チャン(Fan Zhang)氏が参加した。

またメタマスクとのパートナーシップの内容としては、MetaMask Snaps、MetaMaskのブラウザ拡張、MetaMaskモバイルなどのデバイスやアプリケーションを通じてエンタープライズクラスのMPCマルチシグネチャセキュリティソリューションを統合していくという。

セーフヘロンのCEO兼創業者のウェイド・ワン(Wade Wang)氏は、次のようにコメントしている。

「私たちは今日までアジアで初めて、私たちの根本的に複雑なオープンソースのゼロトラストのMPC-TEEセキュリティソリューションを社内で開発するために何年も費やしてきました。そして私たちは初めてMPCSnap、MetaMask Snap、Keystoneハードウェアウォレットで、QRコードを通してMetaMaskトランザクションに署名できるようになりました。私たちはユーザーがトランザクションを検証できるようにするための安全なMPCマルチシグネチャテクノロジーを適用できることに嬉しく思っています。また将来的には拡張機能やモバイルアプリのサポートも視野に入れています。そして調達した資金を活用して、今年当社の技術とサービスをより多くのクライアントに拡大できるようにしていきます」

メタマスクのシニアプロダクトマネージャであるアレックス・ジュピター(Alex Jupiter)氏は、次のようにコメントしている。

「ブロックチェーン上のユーザーとビジネスのセキュリティにとって重要な次のステップは、多要素認証に簡単にアクセスできることです。セーフヘロンのMPC技術は、KeystoneハードウェアウォレットとMetaMask Snapsと組み合わせることで、この分野で非常にエキサイティングなプロジェクトとなります。MetaMask Snapsは、あらゆるチームがメタマスクの機能を拡張する方法を提供します。セーフヘロンと提携し、メタマスクユーザーに新たなカストディーツール導入を試せることを嬉しく思います。

セーフヘロンは、ウェイド・ワン(Wade Wang)氏、マックス・へ(Max He)氏、ブルース・ワン(Bruce Wang)氏らが2019年にシンガポール拠点に設立された企業。

同社のシステムはオープンソース化されており、ソースコードを容易に監査できるようにしているという。

参考:Safeheron
images:iStocks/pgraphis
デザイン:一本寿和

 

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored