ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ

ソラナの修正版ソフトウェアがリリース

レイヤー1ブロックチェーン「ソラナ(Solana)」の開発者チームであるアンザ(Anza)が、同チェーンのトランザクション処理速度の低下問題修正に向けたクライアントソフトウェア「v1.18.11」を4月12日公開した。

なお4月15日には、同問題の緩和に役立つ機能強化を含む「v1.17.31」がメインネットベータ向けとして推奨バージョンに指定された。「v1.18.11」がメインネット向けの推奨バージョンに指定されるまでは「v1.17.31」が混雑問題に対処したソフトウェアとしてメインネットで利用される見通しだ。

4月12日に公開されたクライアント「v1.18.11」は、現在テストネットのバリデータに向けて公開されている。「アンザ」はテストネットのバリデータに対し、できるだけ早いアップグレードを要求している。

ソラナでは、4月4日からトランザクション処理速度の低下問題が発生している。

問題発生当初、ソラナネットワークでは約75%のトランザクションがバリデータに提出される前に失敗していたことが確認されていた。

「アンザ」によると混雑の問題は、ソラナのネットワークスタックである「クイック(QUIC)」の実装と、「アガヴェ」バリデータクライアントの動作が原因で生じているとのこと。

具体的には、スパムトランザクションの処理がうまくいかずユーザーのトランザクションがスパムトランザクションに邪魔されてしまっていることが原因とのこと。

「v1.18.11」はこのスパムトランザクションの処理を正しく行うためのクライアントソフトウェアのアップデートとしてリリースされたことになる。

前述したように今後このソフトウェアは、テストネットで十分にテストされ分析された後にメインネットでもリリースされる予定だ。

またこの問題の解決には、「アンザ」だけでなくソラナエコシステムのほかの企業も尽力している。ソラナエコシステムで最も使用されるウォレットである「ファントム(Phantom)」もRPCの刷新やスパムのブロック、エラーメッセージの改善に取り組んだと発表している。

この発表によると、「ファントム」を使用したトランザクションの成功率が大幅に向上しており、4月12日の発表時点で一週間前に比べ約5倍の成功率を誇っているとのことだ。

なお「アンザ」は、ソラナラボ(Solana Labs)の幹部とエンジニアによって設立された開発者のチームで、ソラナのバリデータクライアントである「アガヴェ(Agave)」を開発している。

関連ニュース

参考:Github
images:iStock/Svetlana-Borovkova

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資