コインベースにソラナ上の「Shadow Token(SHDW)」上場へ

コインベースにSHDW上場へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、暗号資産シャドウトークン:Shadow Token(SHDW)の取り扱い予定を4月10日発表した。

同取引所でのSHDWの取り扱いは流動性条件が満たされ次第、4月10日12:00(米国東部時間)以降から開始されるとのこと。取引ペアはSHDW-USDになるという。

SHDWの取り扱いは「コインベース(Coinbase:販売所)」及び「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange:取引所)」で行われる。ただし、コインベースのサービス提供地域のうち一部は対象外になる可能性があるとのことだ。

なおコインベースで取り扱われるSHDWは、ソラナ(Solana)ネットワーク上のSPLトークンのSHDWとなる為、他ネットワークで発行されたトークンは入金不可となる。

ちなみにSHDWは、新規銘柄や市場で取引量が比較的少ない銘柄に付けられる「Experimental label(実験的ラベル)」の対象となっている。このラベルは、市場の状況で取引量が増えた場合に削除される予定だ。

SHDWは、ソラナ上に構築されたWeb3開発者向けの分散型オブジェクトストレージプラットフォーム「Shadow」のユーティリティトークンだ。

ユーザーはSHDWを、分散型データストレージ、コンピュート(資産やデータを整理、処理、取得する主要な役割を果たすもの)、その他のユーティリティの支払いに利用する。

関連ニュース

images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/29話題】アニモカJPらがIVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラム、NTTデジタルがOpenWallet Foundation加盟など

アニモカJPと三井物産ら、IVVYのライブでweb3ロイヤリティプログラムのPoCへ、NTTデジタルが「OpenWallet Foundation」に加盟、民間企業で日本初、東証スタンダード上場メタプラネット、2.5億円分のビットコイン追加購入を予告、米ナスダック上場の医療機器メーカーSemler Scientific、約62億円相当のビットコイン購入、ブラックロック、2つのファンドで自社のビットコイン現物ETF「IBIT」を購入・運用、MRIと山陰合同銀行、「デジタル地域通貨事業」の共同実施へ。地域経済活性化に向け、暗号資産マイニング企業Riot Platforms、競合Bitfarms買収へ、イーサリアム「Pectra」アップグレード、25年Q1目標に開発へ