コインベースにオンチェーン分析の「Arkham(ARKM)」上場へ

コインベースにARKM上場へ

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)が、暗号資産アーカム:Arkham(ARKM)の取り扱い予定を4月2日発表した。

同取引所でのARKMの取り扱いは流動性条件が満たされ次第、4月2日12:00(米国東部時間)以降から開始されるとのこと。取引ペアはARKM-USDになるという。

ARKMの取り扱いは「コインベース(Coinbase:販売所)」及び「コインベース・エクスチェンジ(CoinbaseExchange:取引所)」で行われる。ただし、コインベースのサービス提供地域のうち一部は対象外になる可能性があるとのことだ。

なおコインベースで取り扱われるARKMは、イーサリアム(Ethereum)ネットワーク上のERC20トークンのARKMとなる為、他ネットワークで発行されたトークンは入金不可となる。

アーカム(Arkham)とは

アーカムは、オンチェーン情報を追跡するためのインテリジェンス・プラットフォーム。アーカムが独自に構築したデータベースインフラにより、ウォレットアドレスではなくエンティティ(組織名など)ベースで検索できるため、誰でも簡単にオンチェーンデータの分析や可視化が可能となっている。

関連ニュース

images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ