オンチェーン情報追跡「Arkham」、ブラックロックら4社の「現物ビットコインETF」のアドレス特定か

4つのオンチェーンアドレス特定か

オンチェーン情報を追跡する為のインテリジェンス・プラットフォーム「アーカム(Arkham)」が、米国で提供されている現物ビットコイン(BTC)ETF(上場投資信託)の裏付けとなるビットコインのオンチェーンアドレスを特定したようだ。Xにて1月22日報告している。

アーカムが特定したオンチェーンアドレスは、ブラックロック(BlackRock)、ビットワイズ(Bitwise)、フィデリティ(Fidelity)、フランクリン(Franklin)が発行した4つのビットコインETFに紐づいたものである。

データによれば、ブラックロックのETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト(iShares Bitcoin Trust:IBIT)」は、記事執筆時点(2024年1月24日11:50)で、約15.8億ドル(約2,340億円)相当の39,925BTCを保有しているとのこと。

またフィデリティの「フィデリティ・ワイズ・オリジン・ビットコインファンド(Fidelity Wise Origin Bitcoin Fund:FBTC)」は約10.8億ドル(約1,600億円)相当の27,363BTCを保有しているという。

ちなみに「アーカム」が特定したアドレスを確認すると、ビットワイズの「ビットワイズビットコインETF(Bitwise Bitcoin ETF:BITB)」は約4.4億ドル(約651億円)相当の11,188BTCを保有している。

またフランクリンの「フランクリンビットコインETF(Franklin Bitcoin ETF:EZBC)」は約5000万ドル(約74.5億円)相当の1,276BTCを保有していることが確認できる。

アーカムは昨年9月、大手暗号資産運用会社グレースケール・インベストメンツ(Grayscale Investments)の投資信託である「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」に関連するビットコインのアドレスを特定。

現在、同アドレスの総保有量は約288億ドル(約4.2兆円)だ。

なお現在の「GBTC」は、元々グレースケールが運用していたビットコイン投資信託を名称そのままにETFへ転換している。米証券取引委員会(SEC)はこの転換について、当初承認を拒否したが、グレースケールが起こした裁判によって、昨年8月にSECは裁判所から承認拒否を取り消すよう命じられた。

その判決後となる今月11日グレースケールは、既存のビットコイン投資信託のETFへの転換が承認されたことで、一夜にして多額の運用資産を持つ世界最大のビットコインETFを誕生させ、出来高でも競合他社をリードした。

なお、承認された現物ビットコインETFを取り扱う企業は、前述した5社のグレースケール、ビットワイズ、ブラックロック、フィデリティ、フランクリンの他、ハッシュデックス(Hashdex)、ヴァルキリー(Valkyrie)、BZX、インベスコ(Invesco)、ヴァンエック(VanEck)、ウィズダムツリー(WisdomTree)を含む11社である。

関連ニュース

参考:グレースケールのアドレス
images:iStock/Who_I_am・your_photo

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している