モジュール式L1ブロックチェーン「XION」が約38億円調達、野村のレーザーデジタルら参加

XIONが約38億円調達

ブロックチェーンの一般化に焦点を当てたモジュール式L1ブロックチェーン「ザイオン(XION)」が、同チェーンの開発拡大に向けた約38億円(2,500万ドル)の資金調達を実施した。同チェーンのコア貢献者であるバーント(Burnt)の公式ブログから4月1日発表された。

発表によるとこの資金調達には、野村ホールディングスの関連子会社レーザーデジタル(Laser Digital)やアニモカブランズ(Animoca Brands)、マルチコインキャピタル(Multicoin Capital)、アリントンキャピタル(Arrington Capital)、ドレイパードラゴン(Draper Dragon)、スフェルミオン(Sfermion)などが参加したとのこと。

「ザイオン」は、web3ならではの技術的問題や複雑なやり取り、専門用語を排除したweb3体験の構築に取り組むブロックチェーンプロジェクト。同プロジェクトの使命として「どこにいても誰もがweb3へアクセスできるようにする」が掲げられている。

これらに取り組むことで「ザイオン」は、web3業界が現在直面している課題である「非暗号資産ネイティブの新規ユーザー獲得」を目指すという。そして「ザイオン」は掲げている使命を達成する為に、今回調達した資金を活用して、同プロジェクトの開発とグローバルエコシステムの拡大を継続して続けていくとのこと。

なお「ザイオン」では、ユーザーがシードフレーズや秘密鍵を直接管理する必要なく、電子メールや生体認証などの使い慣れた既存のweb2メソッドで、同チェーン上に構築されたアプリにアクセスできるとのことだ。

さらに「ザイオン」エコシステム内の全ての相互作用で予測可能な価格設定を提供する為に、同チェーンでは主要取引通貨としてUSDCが採用されているとのこと。

関連ニュース

参考:ザイオン
images:iStocks/BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ