野村HDの子会社Laser Digital、ポリゴンステーキング提供の機関投資家向けファンド発表

Laser Digitalがポリゴンステーキング提供のファンド発表

野村ホールディングスの関連子会社レーザーデジタル(Laser Digital)が、機関投資家向けファンド「レーザーデジタルポリゴンアダプションファンド(Laser Digital Polygon Adoption Fund)」の立ち上げを3月27日発表した。

このファンドでは、機関投資家向けにポリゴン(Polygon)の独自トークン「MATIC」のステーキングが提供されるとのこと。また金融およびweb3のインキュベーションハブであるウェブエヌ(WebN)が開発した、機関グレードのプロトコル「TruFin」のリキッドステーキングトークン「TruMATIC」を介したステーキング報酬も提供されるという。

なお「レーザーデジタルポリゴンアダプションファンド」は、ウェブエヌと「TruFin」の協力のもと立ち上げられた新たな事業とのこと。また同ファンドは、従来の投資家に使い慣れたインターフェースを提供すると同時に、ステーキングを通じてポリゴンのセキュリティを提供することを目的としているという。

さらに同ファンドにはポリゴンの「アグレイヤー(AggLayer)」が統合されている為、デジタル経済におけるネットワークの潜在的な流動性を、アナログ経済における投資機会へと変換できるとのことだ。

なお「アグレイヤー」は、ブロックチェーンを統合したネットワークの構築を目的にしたアグリゲーションレイヤープロトコルで、ポリゴンの開発を主導するポリゴンラボ(Polygon Labs)が構築している。

また「レーザーデジタルポリゴンアダプションファンド」は、英国をはじめ適格な管轄区域における機関投資家のみが利用可能とのことだ。

関連ニュース

参考:レーザーデジタル
images:iStocks/Lidiia-Moor・DKosig

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道