tofuNFTとZife INOが業務提携、二次流通支援へ

tofuNFTとZife INOが業務提携

NFTマーケットプレイス「tofuNFT」開発のコインジンジャ(COINJINJA)とGameFi専門のNFTマーケットプレイス「Zaif INO」を運営するカイカフィナンシャルホールディングが業務提携したことを2月2日発表した。

この提携により両社は今後、「Zaif INO」の適切な運用とサービス提供を行うに際して、コインジンジャのNFTマーケットプレイス「tofuNFT」・「X2Y2」・「ホワイトラベル提供で新規展開されるNFTマーケットプレイス」らを活用し、「Zaif INO」を活用したNFT事業を推進していくという。

具体的には「Zaif INO」のNFTローンチパッド(一次販売)から二次流通のプラットフォームとして「tofuNFT」などの利用が可能となる。「Zaif INO」でローンチ後のNFTを「tofuNFT」などで売買することが可能になるため、シームレスなユーザー体験が実現するとのことだ。

「Zaif INO」は NFTの一次販売に特化したNFT マーケットプレイスだ。イーサリアム(ETH)、ポリゴン(MATIC)、BNBチェーン(BNB)、アバランチ(AVAX)、アスターネットワーク(ASTR)5チェーンのマルチチェーンに対応している。また審査制を導入し、ユーザー向けにNFTのクオリティーを担保したサービスを提供しているという。

コインジンジャが運営する「tofuNFT」は30以上のEVM互換チェーンに対応するマルチチェーンNTFマーケットプレイスだ。昨年9月に同じくNFTマーケットプレイスを展開するX2Y2と、同年10月にはゲーム特化型ブロックチェーンのオアシス(Oasys)と戦略的パートナーシップを締結。また2月1日には、NFTマーケティング支援のスシトップマーケティングとの業務提携を発表していた。

関連ニュース

SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携

【取材】NFTマーケットプレイス「tofuNFT」、オアシス(OAS)のレイヤー1と2に対応

クリプトゲームスとカイカ提携、「TCGVerse」と「Zaif INO」が連携しゲームNFT入手機会増やす

【取材】NFTマーケットプレイス「tofuNFT」、X2Y2と戦略的提携

「OpenSeaがやらない事を全部やる」日本発NFTマーケットプレイス「tofuNFT」の戦略

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored