SUSHI TOPと「tofuNFT」のCOINJINJAが業務提携

スシトップがtofuNFTと提携

NFTマーケティング支援のスシトップマーケティング(SUSHI TOP MARKETING)とNFTマーケットプレイス「tofuNFT」開発のコインジンジャ(COINJINJA)が業務提携した。両者が2月2日発表した。

この提携により両社は、国内のNFT事業におけるソリューションを相互に支援していくという。

具体的にはスシトップマーケティングで配布支援したNFTを「tofuNTF」ですぐに認証・検証作業することで、「tofuNFT」でのシームレスなユーザー体験が実現するという。これにより企業・自治体が発行するNFTにおいても迅速な真贋証明が可能となり、フィッシング詐欺などから消費者を保護でき、より安全なNFTコンテンツを楽しめる環境が用意できるという。

この他にも両社は、Giveaway(無料プレゼント)共同企画を含む国内のNFTプロジェクトへの支援や、NFTマーケットプレイスの基盤提供を行う「ホワイトラベル(White label)」の国内普及活動の協力などを行うという。

スシトップマーケティングではNFT配布サービスの「NFT Shot」や、音でNFTを配信する「Audio Shot」や、カードをスマホにタッチしてNFTを配布できる「NFT Touch Shot」も提供している。その他にも同社では「大量のNFTを安定的に高速に送る技術」の保有や「配布したNFTの所有者のみが閲覧できるウェブページやSNSの創設」なども行っている。また昨年10月にはメディア向けに「NFT配布型広告サービス」を提供開始している。

そしてスシトップは今年1月24日に、1億円の資金調達を実施したと発表していた。調達先はスパイラルキャピタル(Spiral Capital)をリード投資家として、エンジニア起業家特化型シードVCのミレイズ(MIRAISE)、電通グループらとのことだ。

コインジンジャが運営する「tofuNFT」は30以上のEVM互換チェーンに対応するマルチチェーンNTFマーケットプレイスだ。昨年9月に同じくNFTマーケットプレイスを展開するX2Y2と、同年10月にはゲーム特化型ブロックチェーンのオアシス(Oasys)と戦略的パートナーシップを締結している。

関連ニュース

SUSHI TOPがスパイラルキャピタルらから1億円調達、企業向けマーケティングツール開発へ

SUSHI TOP、メディア向け「NFT配布型広告サービス」提供開始

【取材】ゲーム特化型ブロックチェーンOasys、tofuNFTと提携

【取材】NFTマーケットプレイス「tofuNFT」、X2Y2と戦略的提携

「OpenSeaがやらない事を全部やる」日本発NFTマーケットプレイス「tofuNFT」の戦略

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored