SUSHI TOPがスパイラルキャピタルらから1億円調達、企業向けマーケティングツール開発へ

SUSHI TOPが1億円の資金調達を実施

NFTマーケティング支援のスシトップマーケティング(SUSHI TOP MARKETING)が、1億円の資金調達実施を1月24日に発表した。スパイラルキャピタル(Spiral Capital)をリード投資家として、エンジニア起業家特化型シードVCのミレイズ(MIRAISE)、電通グループらから調達したとのこと。

調達資金の使途は、スシトップマーケティング開発中の法人用NFTマーケティングツール「トークングラフマーケター(仮)」の開発に充てる他、それに伴うエンジニアやビジネス開発人材の採用に利用するとのこと。

今回の資金調達についてスシトップマーケティングCEOの徳永大輔氏は「非常に厳しい資金調達環境の中で、大きな出資を決断していただいた投資家の皆様に感謝しております。2021年以降、NFTやWeb3という言葉がブームになりましたが、ブロックチェーンを活用したソリューションが顧客視点で本質的な価値を提供できているのか、社会にどのような差分を生み出せたのか、あらためてその真価が問われていると感じます」と述べ「『トークングラフマーケティング文化の創造』という理念を実現するためにも、緊張感をもって事業に取り組んで参ります」と結んだ。

スシトップマーケティングは昨年10月、メディア向けに「NFT配布型広告サービス」を提供開始している。また同社はNFT配布サービスの「NFT Shot」や、音でNFTを配信する「Audio Shot」や、カードをスマホにタッチしてNFTを配布できる「NFT Touch Shot」も提供している。その他同社では「大量のNFTを安定的に高速に送る技術」の保有や「配布したNFTの所有者のみが閲覧できるウェブページやSNSの創設」なども行っている。

「トークングラフマーケター(仮)」について

今回の資金調達により開発が進められる「トークングラフマーケター(仮)」がどのようなサービスなのか、「あたらしい経済」編集部がスシトップマーケティングCEOの徳永大輔氏へ取材したところ、以下の回答が得られた。

「トークングラフマーケター(仮)」は企業向けのNFTマーケティングツールです。企業の担当者がNFTを発行するリンクを簡単に作成でき、スシトップのブラウザウォレット(特許申請中)で、ユーザがアカウントを作成することなくNFTを受け取ることができます。また発行されたNFTのデータはタイムスタンプつきのアナリティクス画面で分析が可能です。

これまでは企業が都度、事業者に発注していたNFT発行や配布の企画が、企業の担当者で可能になることで、企業のweb3施策の導入ハードルが格段に下がります。またデフォルトチェーンはアスター(Astar)を使用しています。

関連ニュース

SUSHI TOP、メディア向け「NFT配布型広告サービス」提供開始

福岡RKB毎日放送がTV放送音声でNFT配布へ、アスター(ASTR)利用で

【取材】Slashが約2億円の資金調達、前澤友作のMZ Web3ファンドらから

【取材】web3企業shiftbaseがCCCから資金調達、そして代表交代の理由は?

web3の未来は? 暗号資産/ブロックチェーン業界を牽引する80人の「2023年の展望」

デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した