NFTコレクションDoodles、アニメスタジオGolden Wolf買収

Doodles、Golden Wolf買収へ

NFTプロジェクトのドゥードゥルズ(Doodles)が、アニメーションスタジオのゴールデンウルフ(Golden Wolf)と買収合意したことを1月23日に発表した。

ドゥードゥルズは、バーント・トースト(Burnt Toast)氏が2021年10月に始めたイーサリアム基盤のNFTプロジェクトだ。NFTコレクション数は10,000で、Floor Priceは7.988ETH(1月23日時点)となっている。

ゴールデンウルフは2013年に設立されたアニメーションスタジオで、ロンドンとニューヨークにオフィスを構えている。ゴールデンウルフはこれまでにアディダス(Adidas)、リーバイス(Levi’s)、ミニオンズ(Minions)、ディズニー(Disney)などとアニメーションを制作した実績がある。

なおドゥードゥルズとゴールデンウルフは昨年のNFT New Yorkの時に、共にアニメーション映像を制作していた。 

今回の買収について、ドゥードゥルズは公式ツイッターで「フランチャイズを拡大し続けるドゥードゥルズの全く新しい章を意味します。物語性のあるストーリーテリング、世界観の構築、そしてキャラクターの育成が、私たちのすべての活動の中心になります」とツイートしている。

またゴールデンウルフは「この新しいパートナーシップは、新しい機会への扉を開きます。つまり、私たちはエクスペリエンスデザイン、プロダクト、ファッション、音楽など、アニメーションの枠を超えた仕事を探求していきます。またドゥードゥルズチームと一緒にブランドを構築し、学習と成長を続けていきます」と公式でツイートしている。

なおゴールデンウルフの創設者であるインギ・エルリングソン(Ingi Erlingsson)氏が、ドゥードゥルズの最高コンテンツ責任者として加わり、ゴールデンウルフの運営を監督しながら、ドゥードゥルズのデザインおよびアニメーションスタジオを構築していくとのことだ。

またドゥードゥルズのアニメーションスタジオは、長編コンテンツ、ゲーム、現実世界の体験(In Real Life:IRL)などを通じてブランドを次のレベルに引き上げることに重点を置いているという。

参考:Doodles
images:iStocks/RRice1981・Lidiia-Moor
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/24話題】米SECがイーサリアム現物ETF承認、NYでXRPの取引再開、かぼすちゃん亡くなるなど

米SEC、イーサリアム現物ETF上場の取引所申請を承認、米コインベース、NYで「XRP」の取引再開、野村HD、ブロックチェーンのバリデータ事業など行うKudasai子会社Omakaseに出資、香港SFC、イーサリアム現物ETFのステーキング許可を検討か=報道、ドージコイン(DOGE)のモデル「かぼすちゃん」亡くなる、STEPN運営のFSL、web3ライフスタイルアプリ「STEPN GO」αテスト開始、GMOコイン、「暗号資産FX」に6銘柄追加(DOT・ATOM・ADA・LINK・DOGE・SOL)、メタマスクがビットコイン(BTC)のサポート開始か=報道、「FRBと日銀がビットコインを100万ドルに上昇させるカギ」、アーサーヘイズ考察