NFTコレクションDoodles、アニメスタジオGolden Wolf買収

Doodles、Golden Wolf買収へ

NFTプロジェクトのドゥードゥルズ(Doodles)が、アニメーションスタジオのゴールデンウルフ(Golden Wolf)と買収合意したことを1月23日に発表した。

ドゥードゥルズは、バーント・トースト(Burnt Toast)氏が2021年10月に始めたイーサリアム基盤のNFTプロジェクトだ。NFTコレクション数は10,000で、Floor Priceは7.988ETH(1月23日時点)となっている。

ゴールデンウルフは2013年に設立されたアニメーションスタジオで、ロンドンとニューヨークにオフィスを構えている。ゴールデンウルフはこれまでにアディダス(Adidas)、リーバイス(Levi’s)、ミニオンズ(Minions)、ディズニー(Disney)などとアニメーションを制作した実績がある。

なおドゥードゥルズとゴールデンウルフは昨年のNFT New Yorkの時に、共にアニメーション映像を制作していた。 

今回の買収について、ドゥードゥルズは公式ツイッターで「フランチャイズを拡大し続けるドゥードゥルズの全く新しい章を意味します。物語性のあるストーリーテリング、世界観の構築、そしてキャラクターの育成が、私たちのすべての活動の中心になります」とツイートしている。

またゴールデンウルフは「この新しいパートナーシップは、新しい機会への扉を開きます。つまり、私たちはエクスペリエンスデザイン、プロダクト、ファッション、音楽など、アニメーションの枠を超えた仕事を探求していきます。またドゥードゥルズチームと一緒にブランドを構築し、学習と成長を続けていきます」と公式でツイートしている。

なおゴールデンウルフの創設者であるインギ・エルリングソン(Ingi Erlingsson)氏が、ドゥードゥルズの最高コンテンツ責任者として加わり、ゴールデンウルフの運営を監督しながら、ドゥードゥルズのデザインおよびアニメーションスタジオを構築していくとのことだ。

またドゥードゥルズのアニメーションスタジオは、長編コンテンツ、ゲーム、現実世界の体験(In Real Life:IRL)などを通じてブランドを次のレベルに引き上げることに重点を置いているという。

参考:Doodles
images:iStocks/RRice1981・Lidiia-Moor
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

アバランチ上のAave市場のラップドトークンが担保保証、チェインリンクのPoRで

「Chainlink(チェインリンク)」のChainlink Proof of Reserve:PoR(チェインリンクプルーフオブリザーブ)機能が、「Avalanche(アバランチ)」上の「アーベ(Aave)」に統合されたことが2月7日発表された。「アーベ」エコシステムの開発をサポートする「BGD Labs(BGDラボ)」により統合が実施された。

【2/7話題】Visaがステーブルコイン決済インフラ構築注力か、バイナンスの税務計算ツールなど(音声ニュース)

Visaがステーブルコイン決済インフラ構築に注力か、暗号資産責任者コメント、バイナンスの税務計算ツール「Binance Tax」、β版発表、スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与、国際決済銀行高官、中銀デジタル通貨(CBDC)は地政学的限界に直面と予測、ラオス中央銀行、ソラミツと中銀デジタル通貨の実証実験を開始、英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道、スタークウェアとチェインリンク(LINK)が提携、テストネットでサービス接続、アバランチ上DEX「Trader Joe」、レイヤーゼロ導入でJOEをクロスチェーン転送可能に、バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に、米コインベースにAxelar(AXL)上場へ、富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」をパートナーに無償提供へ、損保ジャパン、SBIトレーサビリティ「SHIMENAWA」上で専門保険提供、輸送途上での事故補償、NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

Sponsored