ノルウェー政府が「Arbitrum」活用、BRØKで非上場株の株主名簿共有に=報道

ノルウェー政府がArbitrum活用、株主名簿共有に

ノルウェー政府の、非上場株式の所有権をパブリックブロックチェーンを活用して追跡するプロジェクト「BRØK」が、今月初めに規制のサンドボックスフェーズに移行したとメディア「Ledgerinsights」が1月23日報じた。

「BRØK」は、イーサリアムのレイヤー2「アービトラム(Arbitrum)」を使用する予定とのことだ。

アービトラムの公式ツイートによれば、現在ノルウェーの約38万社の民間企業は、キャップテーブルと呼ばれる独自の株主名簿を保持する必要があるという。そしてキャップテーブルは、公開情報としてみなされおり、第三者などから要求があれば誰でも入手できるようにしなければならない状態だという。しかしながら誰もが簡単に株主名簿を入手できる状態ではないため、ノルウェー政府は「BROK」を開発しているとのことだ。

「BRØK」は、株主に関する情報の公開、株式の譲渡、企業イベントに関連する株式の割り当てと削除に関する情報の公開など、さまざまなユーザーシナリオをサポートしていく予定だという。

また「Lederinsights」によれば、「BRØK」は、GDPR(EU一般データ保護規則)に準拠しているため、個人情報はブロックチェーンに直接保存されないとのことだ。

関連ニュース

BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始

ノルウェー水産関連企業ノヴァ・シー、IBMのブロックチェーン技術で海産物を追跡

ノルウェーの石油・ガス大手で上場企業のアケル(Aker)が約63億円のビットコインを取得

イーサリアム関連技術開発のオフチェーンラボが約140億円調達、アービトラムワンはメインネットβ版ローンチへ

web3の未来は? 暗号資産/ブロックチェーン業界を牽引する80人の「2023年の展望」

参考:レジャーインサイト
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Alex-Sholom

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【11/30話題】大和証券らがパブリックチェーンで証券トークン、バイナンス宣伝でクリスティアーノロナウドへ集団訴訟など

大和証券グループとGinco、パブリックチェーンで証券トークン発行の概念実証へ、クリスティアーノロナウド、バイナンスの未登録有価証券宣伝したとして集団訴訟される、フィリピンSECがバイナンスの未登録運営を警告、アクセス遮断へ、コインベースがバイビット捜査関連でCFTCから召喚状、一部ユーザーに警告も、米財務省がビットコインミキシング「Sinbad」制裁、北朝鮮ラザルスとの関係疑惑で、スペイン財務局、国外保有の暗号資産が約807万円で納税申告義務化へ、ソラミツ、ソロモン諸島中央銀行と中銀デジタル通貨の実証実験を実施、パクソス、アブダビでステーブルコイン発行の原則承認取得、暗号資産サービス提供も、ジャックドーシー、ビットコイン分散型マイニングプール「OCEAN」に出資、ソラナ基盤のステーキングプロトコル「Jito」、独自トークンJTOのエアドロップ実施へ

Sponsored

大和証券グループとGinco、パブリックチェーンで証券トークン発行の概念実証へ

大和証券グループ本社、大和証券、Fintertech(フィンターテック)、Ginco(ギンコ)が、パブリックブロックチェーンにおけるセキュリティトークン(ST:証券トークン/デジタル証券)の発行および発行プラットフォームの開発に向けた概念実証の実施予定を11月30日発表した

パクソス、アブダビでステーブルコイン発行の原則承認取得、暗号資産サービス提供も

企業向けブロックチェーンインフラ提供やステーブルコイン発行を行うパクソス(Paxos)が、アブダビ・グローバル市場(ADGM)の金融サービス規制当局(FSRA)から、ステーブルコインの発行及び暗号資産仲介およびカストディサービス提供に関する金融サービス許可(IPA)の原則的承認を得たと11月29日発表した