ノルウェー政府が「Arbitrum」活用、BRØKで非上場株の株主名簿共有に=報道

ノルウェー政府がArbitrum活用、株主名簿共有に

ノルウェー政府の、非上場株式の所有権をパブリックブロックチェーンを活用して追跡するプロジェクト「BRØK」が、今月初めに規制のサンドボックスフェーズに移行したとメディア「Ledgerinsights」が1月23日報じた。

「BRØK」は、イーサリアムのレイヤー2「アービトラム(Arbitrum)」を使用する予定とのことだ。

アービトラムの公式ツイートによれば、現在ノルウェーの約38万社の民間企業は、キャップテーブルと呼ばれる独自の株主名簿を保持する必要があるという。そしてキャップテーブルは、公開情報としてみなされおり、第三者などから要求があれば誰でも入手できるようにしなければならない状態だという。しかしながら誰もが簡単に株主名簿を入手できる状態ではないため、ノルウェー政府は「BROK」を開発しているとのことだ。

「BRØK」は、株主に関する情報の公開、株式の譲渡、企業イベントに関連する株式の割り当てと削除に関する情報の公開など、さまざまなユーザーシナリオをサポートしていく予定だという。

また「Lederinsights」によれば、「BRØK」は、GDPR(EU一般データ保護規則)に準拠しているため、個人情報はブロックチェーンに直接保存されないとのことだ。

関連ニュース

BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始

ノルウェー水産関連企業ノヴァ・シー、IBMのブロックチェーン技術で海産物を追跡

ノルウェーの石油・ガス大手で上場企業のアケル(Aker)が約63億円のビットコインを取得

イーサリアム関連技術開発のオフチェーンラボが約140億円調達、アービトラムワンはメインネットβ版ローンチへ

web3の未来は? 暗号資産/ブロックチェーン業界を牽引する80人の「2023年の展望」

参考:レジャーインサイト
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Alex-Sholom

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【7/19話題】ポリゴンの「MATIC」から「POL」移行は9月4日に、コインチェック流出NEM収受事件の上告棄却など(音声ニュース)

ポリゴンラボ、「MATIC」の「POL」移行は9月4日に予定、最高裁、コインチェック流出NEM収受事件の上告を棄却、インド暗号資産取引所ワジールX、マルチシグウォレットのハッキング受け2億ドル超が不正流出、トランプが「ビットコインカンファレンス2024」で資金調達イベント実施か、1名参加費は約1.3億円=報道、ヴィタリック、「親クリプト派という理由だけで候補者を選ぶべきでない」と警告、米クラーケン、機関投資家向けカストディサービスを英国と豪州に拡大、コインベースにゲーム特化型L2「Ancient8(A8)」上場へ、香港金融管理局「ステーブルコイン発行者サンドボックス」にアニモカブランズら参加

Sponsored