ノルウェー水産関連企業ノヴァ・シー、IBMのブロックチェーン技術で海産物を追跡

ノヴァ・シー、IBMのブロックチェーン技術で海産物を追跡

米IBMが、ノルウェーの水産養殖関連企業であるノヴァ・シー(Nova Sea)がIBMブロックチェーン技術を使用しているノルウェージャン・シーフード・トラスト(Norwegian Seafood Trust)に加入することを6月1日発表した。

ノルウェージャン・シーフード・トラストは昨年ノルウェー水産協会とインフラストラクチャ企業であるアテア(Atea)とともに立ち上げられた海産物追跡ネットワークである。

このネットワークは、IBMのブロックチェーン技術であるIBM Food Trustを使用することで、恒久的で不変的、かつデジタル化された取引チェーンとして構築されている。それによりサプライチェーンにおけるサプライヤーと消費者の信頼を高められるとのこと。さらに飼料メーカー、養殖業者、流通業者、小売業者のすべてが、包括的な製品データにほぼリアルタイムでアクセスできるようになるとのことだ。

ノヴァ・シー のセールス ディレクターであるビョルン・オルヴィク( Bjørn Olvik)氏は「テクノロジーは、透明性を保ち、持続可能な方法で飼育された魚の全行程を共有する前例のない機会を私たちに与えてくれます。このイニシアチブは、消費者との、より強い関係に貢献すると同時に、業界全体の透明性、オープン性、信頼性を高めます」と述べている。

参考:IBM
デザイン:一本寿和
images:iStock/vovashevchuk・dalebor・LeshkaSmok

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない