マリリン・モンローの肖像画がNFT化、オークションにて販売開始

マリリン・モンローの肖像画がNFT化、オークションにて販売開始

マリリン・モンロー(Marilyn Monroe)の知的財産権を多数所有するブランド管理会社であるオーセンティック・ブランズ・グループ(Authentic Brands Group)が、マリリン・モンローのNFT作品をオークションにて販売することを5月31日発表した。この企画は彼女の生誕95周年を記念して行われるとのことだ。

今回販売されるNFT作品は全12種類で、オークションはNFTプラットフォームであるイーサニティチェーン(Ethernity Chain)で6月1日から開始された。

なおオーセンティック・ブランズ・グループは現時点で、オークションの収益を具体的にどのように利用するかについて明らかにしてない。

イーサニティチェーンの作品紹介ページでは「マリリンの多次元性、複雑性、ポップカルチャーの世界での地位に触発された、この次世代のアーティストは、マリリンの遺産を前進させ、マリリンの不滅を思い描いています(一部略)」と述べている。

オーセンティック・ブランズ・グループは「スターの遺産を永遠にする」ために、今回イーサニティチェーンと提携したとのこと。同社はマリリン・モンロー以外にも多数の有名人の公式ライセンスがあるとのことだ。

参考:Ethernity Chain販売ページ
デザイン:一本寿和
images:iStock/AGaeta

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【11/25話題】バイナンスの暗号資産業界復興ファンド、ロシアが国営暗号資産取引所設立かなど(音声ニュース)

バイナンスが暗号資産業界復興ファンド(IRI)に10億ドル拠出、ポリゴン(Matic)、アニモカ、アプトス(APT)らも参加予定、証券監督者国際機構IOSCO、FTX崩壊は暗号資産規制前進のきっかけに、ロシア、国営の暗号資産取引所設立を計画か=報道、APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ、富士通ブロックチェーンPF開発基盤「Fujitsu Track and Trust」が世界展開、セトルミントと提携、スタークウェア開発のプログラミング言語「Cairo」、最新版がオープンソースに、イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース、スキー場で開場前から滑れる権利のNFT、東急不動産とハッシュパレット「ニセコパウダートークン」、職人文化の継承×伝統工芸ブランド創出「WAKONプロジェクト」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored

APE発行の「ApeCoin DAO」、BAYC関連専用マーケットプレイス「ApeCoin marketplace」ローンチ

暗号資産(仮想通貨)エイプコイン(APE)発行元のApeCoin DAOが、BAYC(Bored Ape Yacht Club)関連専用マーケットプレイス「エイプコインマーケットプレイス(ApeCoin marketplace)」をローンチした。このマーケットプレイスを構築したスナッグスソリューションズ(snagsolutions)の創設者が1、1月24日に発表した。