BNBチェーン、分散型データストレージシステム「BNB Greenfield」発表

「BNB Greenfield」でユーザーによるデータの保存や取引を可能に

B

BNBチェーン(BNB Chain)が、ユーザーによるデータの所有や使用を可能にする分散型データストレージシステム「BNBグリーンフィールド(BNB Greenfield)」を2月1日に発表した。

「BNBグリーンフィールド」は、BNB(Binance Coin)をネイティブトークンとする「BNBチェーンエコシステム」の一つであり、BNBビーコンチェーン(BNB Beacon Chain)、BNBスマートチェーン(BNB Smart Chain:BSC)、zkBNBに続く「BNBチェーンエコシステム」の4番目のプロジェクトとなるとのこと。

「BNBグリーンフィールド」の目的は、分散化された安全な方法でデータを作成、所有および取引できる機能を提供することによって、ユーザーが自分のデータをより自由にコントロールできる新しいweb3インフラストラクチャを作成することとなっている。

「BNBグリーンフィールド」の構成は、ユーザーのBNB残高や保存するデータのメタデータを記録するブロックチェーンと、実際にデータを保存するストレージプロバイダーからなっているという。ユーザーがデータを「BNBグリーンフィールド」にアップロードすると、アルゴリズムによって決定されたストレージプロバイダーの元にそのデータが保存される。保存されたデータの情報や支払い情報はブロックチェーンに記録され、PoSアルゴリズムで選出されたバリデーターによって検証される。

さらに「BNBグリーンフィールド」をBSCとクロスブリッジ可能な仕組みにすることにより、BSC上のスマートコントラクトで「BNBグリーンフィールド」上のデータを参照するなど、新たなユースケースを実現することも可能とのことだ。

なお現時点で想定されているユースケースとしては、個人用クラウドストレージ、パブリッシングプラットフォーム、ソーシャルメディア、ウェブサイトのホスティングなどが挙げられている。

「BNBグリーンフィールド」は現在テストネットの構築段階にあり、早ければ数か月でテストネットをリリースする予定とのことだ。

BNBチェーンは大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が立ち上げたブロックチェーンエコシステムである。当初はバイナンスが所有および管理する中央集権型ブロックチェーンエコシステムだったが、現在はコミュニティ主導の分散型ブロックチェーンエコシステムとなっている。

関連ニュース

ユニスワップv3、BNBチェーンへのブリッジに「Wormhole」採用

OpenSea、バイナンスのBNBチェーン(BNB)のNFTを年内サポート開始へ

バイナンスとマスターカード、ブラジルで暗号資産カード提供へ、南米2カ国目

バイナンス、APIユーザー向けにセルフトレーディング防止機能提供

「TOEIC® Program」公開テスト公式認定書にブロックチェーン証明、サイバーリンクス

参考:BNB Chain
デザイン:一本寿和
images:iStock/iam2mai

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【4/18題】TikTokのByteDance子会社がSui採用、ワールドコインが「World Chain」今夏ローンチへ

TikTokのByteDance子会社、ゲーム等のサポート事業に「Sui」採用、ワールドコイン(WLD)、独自のイーサリアムL2「World Chain」今夏ローンチへ、日銀、「中銀デジタル通貨」の連絡会議の中間整理を報告、EY、企業向け契約管理ソリューション「EY OCM」ローンチ。イーサリアム上で、ニュージーランド中銀、デジタル通貨の開発協議スタート

【4/17話題】アバランチ上にトークン化のホームエクイティローン、a16zが新ファンドで72億ドル調達など

米ホミウムが「ホームエクイティローン」をトークン化、Avalancheで発行、a16z、5つの新ファンドで72億ドル調達、オフチェーンラボ、新たな不正行為証明「Arbitrum BOLD」をテストネットローンチ、ペイパル、NFTの購入者と出品者を保護プログラムの対象外に、ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ、ドイツ連邦銀行とMIT、「中銀デジタル通貨」の共同研究

ソラナ上のDEX「ドリフト」、独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施へ

ソラナ(Solana)上の分散型取引所(DEX)「ドリフト(Drift)」の独自トークン「DRIFT」のエアドロップ実施とその割り当て数が公開された。「ドリフト」のDAO(自立分散型組織)「ドリフトDAO財団(Drift DAO Foundation)」が4月16日発表した。なおエアドロップの実施日については明らかになっていない