OpenSea、バイナンスのBNBチェーン(BNB)のNFTを年内サポート開始へ

OpenSeaがBNBチェーン基盤のNFTサポート開始へ

NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)が、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)の独自ブロックチェーン「BNBチェーン(BNB Chain)」に対応することを11月30日に発表した。

これによりユーザーはBNBチェーン上でミント(発行/鋳造)されたNFTをオープンシーで直接売買可能になる予定だ。

今年中に対応予定とのことで、BNBチェーンはオープンシーの新プロトコル「シーポート(Seaport)」に統合されるという。

「シーポート」は今年6月からオープンシーのプロトコルとして採用されており、従来のプロトコルに比べ、ガス代の大幅な削減が可能になっている。またオープンソースのプロトコルとして公開されており、web3セキュリティ企業のオープンツェペリン(OpenZeppelin)とトレイルオブビッツ(Trail of Bits)に監査されている。

なおオープンシーのBNBチェーン対応は、8つ目のクロスチェーン対応になる。現在オープンシーでは7つのブロックチェーンのNFTをサポートしている。

現在の対応ブロックチェーンは「アービトラム(Arbitrum)」、「オプティミズム(Optimism)」、「イーサリアム(Ethereum)」、「ポリゴン(Polygon)」、「クレイトン(Klatyn)」、「ソラナ(Solana)」、「アバランチ(Avalanche)」だ。

またオープンシーは今月6日、クリエイター手数料(ロイヤリティ)の支払いをプログラムで実行する「オペレーターフィルター(Operator-Filter)」の実装を発表している。

関連ニュース

NFTマーケット「X2Y2」がクリエイター手数料を再開、OpenSeaの影響受け

NFTクリエイターがロイヤリティ(報酬)をコントロール、OpenSeaがオンチェーンツール提供へ

OpenSea、アバランチ(AVAX)基盤のNFTサポート開始

OpenSea、イーサリアムL2「Optimism」基盤のNFTサポート開始

OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示

参考:OpenSeaバイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/royyimzy・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【10/3話題】グレイスケールが現物イーサリアムETF転換の申請提出へ、野村子会社Laser Digitalが東京オフィスを新設など

グレイスケール、イーサリアム信託を現物イーサリアムETFに転換する申請提出へ、野村のデジタル資産子会社Laser Digital、東京オフィスを新設、UBS、イーサリアム活用のトークン化ファンドの試験運用を開始、ブラジル政府、ブロックチェーンベースのデジタルIDを全ての州に拡大目指す、ケニア政府の特別調査委員会、ワールドコインの事業停止を求める、米コインベース、シンガポールで「大手決済機関(MPI)」ライセンス取得、チケミー、NFTチケット転売の制御技術で特許取得、GincoとtofuNFT運営会社が協業開始、「現物償還型NFT」のセカンダリマーケットプレイス提供に向け