NFTマーケット「X2Y2」がクリエイター手数料を再開、OpenSeaの影響受け

X2Y2がクリエイター手数料を再開

NFTマーケットプレイス「X2Y2」が、クリエイター手数料(ロイヤリティ)を再開し、X2Y2上の全てのNFTにクリエイター手数料を適用したことを11月19日に発表した。

なおクリエイター手数料とは、コレクターがNFTを購入した際に、そのNFTを制作したクリエイターへ支払われるロイヤリティのこと。

今回「X2Y2」がクリエイター手数料を再開したことにより、クリエイター側はNFTを販売する際に自身で手数料の割合を設定し、NFT購入側はその設定された手数料をクリエイター側に支払うルールに変更されたとのこと。またこれから発行されるNFTと既に発行されているNFTを含めた同プラットフォーム全ての取引に対し、クリエイター手数料を適用することになったという。

そもそも「X2Y2」は今年9月、コレクターがクリエイター手数料を一切支払わずに個人間でコレクタブルNFTを取引できるプラットフォーム「スドスワップ(Sudoswap)」の台頭を受け、NFT購入側にクリエイター手数料の支払い有無を選択させる仕組み「フレキシブルロイヤリティ(Flexible Royalty)」を導入していた。

これによりほとんどのコレクターが手数料支払いを拒否することになり、それに付随して手数料の支払いのないプラットフォームとして取引量も増加していた。

しかし今月6日に大手NFTマーケットプレイス「オープンシー(OpenSea)」が、クリエイター手数料の支払いをプログラムで実行する「オペレーターフィルター(Operator-Filter)」の実装を発表し、クリエイターへの手数料支払いの方針を明確に表した。

プラットフォーム内のNFT取引数を減らしかねない一方で、クリエイターを重視する「オープンシー」のこの判断に対し、ユーザーは支持を表明していたという。X2Y2は、この影響を受け今回「フレキシブルロイヤリティ」を廃止したとしている。

関連ニュース

NFTクリエイターがロイヤリティ(報酬)をコントロール、OpenSeaがオンチェーンツール提供へ

マンチェスターユナイテッドが初のNFTデジタルコレクション発表、テゾス(XTZ)で

クリスティアーノロナウド、バイナンスで初のNFTコレクション

「Nouns DAO」から学ぶ、NFTプロジェクト成功の秘訣

BAYCのユガラボ、ビープルのNFT企業「WENEW」と「10KTF」を買収

参考:X2Y2
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Myvector

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/6話題】OasysがネクソンやMZ Web3ファンドらから資金調達、Nexoが米国市場撤退へなど(音声ニュース)

ゲーム特化ブロックチェーンOasys、Galaxy Interactive、ネクソン、前澤友作のMZ Web3ファンドらから調達、Thirdverse、中国OKX Venturesと資本業務提携、暗号資産レンディングNexo、規制当局との対話行き詰まり、米国撤退へ、USDCのサークル、SPAC上場計画解消へ、LINEのプロフィールアイコンがNFT対応、正式版が提供開始、コカコーラがFIFAワールドカップ記念NFTを発表、Crypto.com、GMUNKらと、ビットフライヤーにジパングコイン(ZPG)上場へ、米コインベース、「Aavegotchi(GHST)」と「Litentry(LIT)」上場へ、スウェットコイン、SWEAT稼げるNFTゲーム「Sweat Hero」β版ローンチへ、ドラッグ&ドロップでNFT作成可能に、Operaクリプトブラウザが「Alteon LaunchPad」実装へ、バイナンスラボ、DeFi「Ambit Finance」に約6億円投資、クリプタクトのpafin、ウクライナMobilunityと協業で開発コスト7割削減へ、露最大の商業銀行スベルバンクがメタマスク対応へ、独自プラットフォームで

Sponsored