クリスティアーノロナウド、バイナンスで初のNFTコレクション

クリロナがバイナンスで初のNFTコレクション

大手暗号資産(仮想通貨)取引所のバイナンス(Binance)が、サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo dos Santos Aveiro)氏の、自身初となるNFTコレクションのローンチを11月15日発表した。

このコレクションは11月18日 (09:00 UTC)より販売開始される予定だ。

コレクションではスーパースーパーレア(SSR)、スーパーレア(SR)、レア(R)、ノーマル(N)の4つの希少度で、7つのアニメーションが利用されている。

それぞれのNFTにはロナウド氏のキャリアを決定づけたバイシクルキックからポルトガルでの子供時代まで、同氏の人生における象徴的な瞬間がデザインされているとのことだ。

またその中で最も価値の高いNFTが、バイナンスNFTマーケットプレイスでオークションされ、最高額の入札者にNFTが授与される。45個(SSR5個とSR40個)のNFTが対象だ。

オークションは24時間開催され、入札価格はスーパースーパーレア(SSR)で10,000BUSD、スーパーレア(SR)は1,700BUSDからのスタートとなる。

また、希少度に応じてロナウド氏からのパーソナルメッセージや、ロナウド&バイナンスのサイン入りサッカーシャツなど、様々な特典が用意されているという。その他にも、バイナンスの新規ユーザー向け特典が発表されている。

また2023年前半に、新たなクリスティアーノ・ロナウドNFTコレクションセットをローンチする予定で、今後のアップデートについてはバイナンスのツイッターで発表されるとのことだ。

バイナンスの共同創業者で最高マーケティング責任者のヘ・イー(He Yi)氏は「私たちはメタバースとブロックチェーンがインターネットの未来であると信じています。より多くの人にブロックチェーンを理解してもらうためにロナウド氏と協力し、スポーツやエンターテインメント業界向けにWeb3インフラを構築していることを紹介できることを光栄に思っています」とコメント。

また、ロナウド氏は「私にとって重要なのは、私の成功の大きな部分を占めるファンのために、記憶に残るユニークなものを作ることです。バイナンスと共にゲームへの情熱をとらえるだけでなく、長年のサポートに対してファンに報いるものを作ることができました」と述べている。

バイナンスとロナウド氏は今年6月に複数年にわたる独占的なパートナーシップ契約を締結した。その際にロナウド氏のファンに対しNFTに関するグローバルプロモーションを開始するとして、NFTマーケットプレイス「バイナンスNFT」でNFTコレクションを展開することが発表されていた。

なおバイナンスは、ブラジルサッカー連盟、イタリアのサッカーチーム「ラツィオ」やポルトガルの「FCポルト」などのクラブと提携している。

関連ニュース

バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ

サッカーゲーム「Sorare」で使えるクリスティアーノ・ロナウドのNFTが約3,200万円で売却

FIFAがNFTコレクションをローンチへ、Algorandで

マドンナとビープルのNFTコレクション「創造の母」、総額約8130万円で落札

全豪オープン、記念NFTコレクションをリリース

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Yevheniia-Matrosova

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ