マドンナとビープルのNFTコレクション「創造の母」、総額約8130万円で落札

NFTコレクション「創造の母」が総額約8130万円で落札

米大物アーティストのマドンナ(Madonna)のNFTコレクション「創造の母(Mother of Creation)」3作品が、総額約8130万円(約63万ドル)で落札されたことが分かった。チャリティーオークションとしてNFTマーケットプレイス「スーパーレア(SuperRare)」に出品された。

「創造の母」は、デジタルアーティストのビープル(Beeple)氏と1年にわたるコラボレーションによって創作されたもので、「母性」をテーマにした3種類の各1個限定の動画によるNFTだ。

これら3種類のNFTには、母性と植物をテーマにした「自然の母(Mother of Nature)」、母性と動物をテーマにした「進化の母(Mother of Evolution)」、母性と技術の進歩をテーマにした「テクノロジーの母(Mother of Technology)」がある。

当初オークションは5月11日から13日の期間で行われるとのことだったが、入札が続きオークションは延長し3作品とも14日に落札された。

各作品の落札価格は、「自然の母」が約4,460万円(34万6,000ドル)で匿名者マスターアート1(masterart1)が落札。「進化の母」は約1,890万円(14万6,000ドル)で匿名者ビーナスオーバーマンハッタン(venusovermanhattan)が落札。そして「テクノロジーの母」については暗号資産(仮想通貨)決済プロパイダーのムーンペイ(MoonPay)が約1,780万円(13万7,000ドル)で落札している。

「創造の母」の公式サイトによると、オークションの収益金は3つの非営利団体に寄付される予定とのこと。「公益財団法人ボイス・オブ・チルドレン(the Voices of Children Foundation)」、「ナショナル・ベイルアウト(National Bail Out)」、「シティ・オブ・ジョイ(City of Joy)」の3団体となる。

またチャリティーの一環として、ムーンペイも30万ドル(約3,900万円)をこの3つの非営利団体に寄付する予定とのことだ。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

マドンナ、ビープルとNFTコレクション「創造の母」発表

マドンナ、人気NFT「BAYC」を約6,900万円で購入

デジタルアーティストBeeple、NFTベンチャー「WENEW」設立

BeepleのNFTアートの落札者が明らかに、世界最大のNFTファンドの創設者Metakovanが約75億円で落札

大手アートオークション企業クリスティーズ(Christies)がデジタルアーティストBeeple(ビープル)のNFT作品を競売に出品

参考:スーパーレア
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Petmal

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored