FIFAがNFTコレクションをローンチへ、Algorandで

FIFAがNFTコレクションをローンチへ

国際サッカー連盟(FIFA)が、9月末にNFTコレクション「FIFA+collection」をローンチする予定であることを9月2日に発表した。

「FIFA + collection」は、サッカーの試合の最高の瞬間から「FIFA World Cup」および「FIFA Women’s World Cup」を象徴するアートや画像などをNFT化したコレクションだ。なおこのコレクションは、アルゴランド(Algorand)ブロックチェーン上でローンチされる予定で、そのプラットフォームの名称は「FIFA+Collect」となっている。

同プラットフォームは、ローンチ後すべてのウェブおよびモバイルデバイスに対応している状態であり、言語は英語、フランス語、スペイン語で提供する予定だとしている。なお対応言語は増やす方針だという。

FIFAチーフ・ビジネス・オフィサーのロミー・ガイ(Romy Gai)氏は「ファン層は変化しており、世界中のサッカーファンは、新しくエキサイティングな方法でサッカーに取り組んでいます。このエキサイティングな発表により、FIFA グッズがあらゆるサッカーファンに提供され、FIFA ワールドカップの一部を所有する能力が民主化されます。スポーツ記念品やステッカーと同様に、これは世界中のファンが新しいプラットフォームでお気に入りの選手や瞬間などに触れることができる身近な機会です」と語っている。

アルゴランドの暫定CEOであるW・ショーン・フォード (Sean Ford)氏は 「FIFA のプラットフォームは、真に分散化されたスケーラブルなパブリックブロックチェーンを介して、FIFA と Algorand の間で最近発表された技術パートナーシップの最初の具体的な表現です。FIFAがAlgorandによって実現されたWeb3への橋渡しをしたことは、彼らの革新的な精神と世界中のサッカーファンと直接かつシームレスに関わりたいという願望の証しです」とリリースで説明している。

参考:FIFA
images:iStocks/undefined-undefined
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【7/24話題】デジタルアセットマーケッツがAva Labsと提携、dYdX開発会社がv3を売却交渉中かなど(音声ニュース)

デジタルアセットマーケッツがアバランチのAva Labsと提携、RWAトークンの発行・流通などで、dYdX、開発会社が前バージョンv3を売却交渉中か=報道、米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超、米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ、バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資、香港、アジア初の「インバース型ビットコインETF」ローンチ

バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資

バイナンスラボがプルートスタジオへ出資 バイナンスラボ(Binance Labs)が、「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」基盤のゲーム「キャティゼン(Catizen)」をリリースしたプルートスタジオ(PLUTO Studios)に投資したことを7月24日発表した。 バイナンスラボは、今回プルートスタジオの資金調達ラウンドを主導したとのこと

米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ

9,200億ドル超の運用・管理資産を有する米大手投資管理会社ハミルトン・レーン(Hamilton Lane)が、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「シニア・クレジット・オポチュニティーズ・ファンド(SCOPE)」を立ち上げたと7月23日発表した

米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超

デジタル資産インデックスを提供するCFベンチマークズ(CF Benchmarks)、ビットワイズ・アセット・マネジメント(Bitwise Asset Management)、トレーダーらによると、イーサリアム(ETH)の価格に連動する米国の上場投資信託(ETF)は、7月23日に好調なデビューを飾り、10億7000万ドル相当の株式が取引され

【7/23話題】米SECが「イーサリアム現物ETF」最終承認、海外取引所Gateが日本向けサービス終了へなど(音声ニュース)

米証券取引委員会が「イーサリアム現物ETF」最終承認、23日より取引開始、海外暗号資産取引所Gate .io、日本向けサービス終了へ、ジパングコイン等のRWAトークンをグローバル展開へ、デジタルアセットマーケッツが韓国CREDERと提携、ビットトレード、フォビトークン(HT)取扱い廃止へ、スラッシュ、「Uniswap-Arbitrum Grant Program」から助成金獲得、バイナンスUS、顧客資産を財務省短期証券で運用する承認得る、テレグラム、今月中にミニアプリストアとWeb3用アプリ内ブラウザが導入へ