SBIデジタルアセット、シンガポールの機関投資家向けデジタル資産プロジェクトへ参画

SBIデジタルアセット、シンガポールの機関投資家向けデジタル資産プロジェクトへ参画

SBIグループ傘下のSBIデジタルアセットホールディングス(SBI Digital Asset Holdings:SBI DAH)が、シンガポールのデジタル資産関連プロジェクト「プロジェクト・ガーディアン(Project Guardian)」に参加したことを9月2日に発表した。

「プロジェクト・ガーディアン」はシンガポールで中央銀行の役割を担うシンガポール金融管理局(MAS)が推進する、ホールセールの資金調達市場の効率化と流動性向上を目的としたトークン化債券・預金の機関投資家間での取引可能性などを検討するプロジェクトだ。今年5月31日に「プロジェクト・ガーディアン」は発足。JPモルガン(JPMorgan)やシンガポールの最大手銀行であるDBS銀行らが「プロジェクト・ガーディアン」に参画している。

具体的に「プロジェクト・ガーディアン」では、金融の安定性と完全性に対するリスクを管理しながら、資産のトークン化とDeFi(分散型金融)におけるアプリケーションの実現可能性が検証されていく。

今回SBI DAHが「プロジェクト・ガーディアン」へ参画した理由は、機関投資家のデジタル資産分野における革新とパイオニアとしてのSBIのコミットメントを強化するためだという。

SBI DAHのCEOフェルナンド・バスケス・カオ(Fernando Vazquez Cao)氏は「SBI DAHの核となるミッションは、デジタル技術の展開を通じて資本市場と銀行業務のバリューチェーンを再構築し、変革することです。このパートナーシップへの参加は、機関投資家市場にこれらのソリューションを提供するための正しい方向への新たな一歩であり、DBS、Marketnode、JP Morganといった強力な民間セクターパートナーと手を組むことを嬉しく思います」とリリースで説明している。

参考:SBI DAH
images:iStocks/CleoFilter
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored