メタマスクでエアドロップ資格が確認可能に、「NFT提案機能」も実装

ユーザビリティ向上へ

web3ウォレットのメタマスク(MetaMask)が、オンチェーンAPI提供のデイライト(Daylight)と提携し、ユーザーがエアドロップの適格性を確認できるサービス提供を始めたことを4月10日発表した。

これによりユーザーは、ウォレット内でエアドロップに関する資格を確認できるようになった。

具体的にはメタマスクポートフォリオの「Explore」ページの「Eligible Airdrops」から確認することができる。

また、ユーザー情報を基におすすめのNFTが提案される機能も追加された。

具体的には、ユーザーがアローリストに登録されているかや関連したトークンを持っているかなどの情報を基に、過去にミントしたNFTのクリエイターによるNFTやフォローしているインフルエンサーが関わるNFTなどが「Trending NFT Mints」に表示されるという。

なお同機能は、マルチチェーン対応しており、イーサリアム(Ethereum)、オプティミズム(Optimism)、アービトラム(Arbitrum)、ベース(Base)、ゾラ(Zora)、ポリゴン(Polygon)でサポートされている。

メタマスクへは2月、オンランプ(法定通貨を暗号資産に変換すること)機能「ロビンフッドコネクト(Robinhood Connect)」が統合され、メタマスク内から「ロビンフッドコネクト」を通じて暗号資産の購入が可能になっている。

また同月、暗号資産の保護機能「セキュリティアラート(Security Alerts)」が、イーサリアムの他にリネア(Linea)、BNBチェーン(BNB chain)、ポリゴン(Polygon)、アービトラム(Arbitrum)、オプティミズム(Optimism)、アバランチ(Avalanche)で利用可能になったことも発表されている。

関連ニュース

images:iStock/PerlaStudio・artacet

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【5/30話題】メルカリの暗号資産口座開設数が直近1年で業界1位に、ペイパルのPYUSDがソラナに対応開始など

メルカリの「ビットコイン取引サービス」、暗号資産口座の開設数が業界1位に=2023年度データで、ペイパルの独自ステーブルコイン「PayPal USD(PYUSD)」、ソラナに対応開始、オーケーコインジャパン、アバランチ(AVAXX)のステーキングサービス提供へ、NY証券取引所、現物ビットコインオプションの開発・上場を計画、ザ・サンドボックスがDAO設立、メタバースの分散化目指し、マスターカード、欧州と中南米向けに暗号資産のP2P取引を試験提供、米ジェミナイ、「Gemini Earn」顧客へ20億ドル超の払い戻しを完了、ソラナ(SOL)の手数料モデル変更が承認、バリデーター報酬が向上へ

米ジェミナイ、「Gemini Earn」顧客へ20億ドル超の払い戻しを完了

破産した暗号資産(仮想通貨)レンディング業者のジェネシス(Genesis)と暗号資産取引所のジェミナイ(Gemini)が、両社が共同管理する「ジェミナイ・アーン・レンディング・プログラム(Gemini Earn lending program)」の23.2万人の個人ユーザーに対し、20億ドル(約3,138.7億円)以上になる暗号資産を返却したことを5月29日発表した