仮想都市「神椿市」の「KAMITSUBAKI DAO」、FiNANCiEでトークン発行

web3コミュニティ「KAMITSUBAKI DAO」がFiNANCiEでトークン発行

次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」が、仮想都市「神椿市」のメタバースを共創するweb3コミュニティ「KAMITSUBAKI DAO」のトークン新規発行と販売開始を9月16日発表した。

「KAMITSUBAKI DAO」は、THINKR(シンカー)社運営のクリエイティブスタジオ「KAMITSUBAKI STUDIO」が2019年より進めているオリジナルストーリー内に概念としてのみ存在する「神椿市」を独自のメタバースとして建設することを目指して設立されたDAO(分散型自立組織)プロジェクトだ。

なお同プロジェクトは今回のトークン販売によるファンディング開始と共に立ち上げられるとのこと。

「KAMITSUBAKI DAO」の活動として、「神椿市」の建設をプロジェクトのトークンを購入したサポーターと進める他、独自のNFTアイテム「KAMITSUBAKI Resident Genesis」の開発・配布を行うとのこと。

またトークン購入の特典として、コミュニティへの参加権や、投票企画および抽選応募への参加権、「KAMITSUBAKI Resident Genesis」の優先購入権、記念コレクション取得の権利がサポーターへ付与されるとのこと。

なお「KAMITSUBAKI Resident Genesis」は、特定の条件下で自動生成され、1つ1つの見た目が全て異なるジェネレーティブNFTとのことだ。

また投票はトークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組みや保有しているトークン数の割合によって抽選特典の当選確率が変動する仕組みとなっている。また一定のトークンを保有しているサポーターには限定の特典も提供されるとのことだ。

なお「FiNANCiE」で発行されているトークンは、金融商品取引法上の有価証券ではなく、資金決済法上の暗号資産(仮想通貨)でもないとのことだ。

また今回の初回ファンディングでは、全トークン購入者に1人1個「メンバーシップバッジNFT」を配布するとのこと。

「メンバーシップバッジNFT」は「KAMITSUBAKI DAO」に初期から賛同した証となる記念バッジで、その絵柄は共通となるが、固有のシリアルコードが割り振られているとのこと。

さらに販売コースに応じては、デジタルフィギュア「KAMITSUBAKI COLLECTIBLES」をリターンとして送るとのことだ。

トークン販売(ファンディング)の実施期間は9月16日18時から10月31日21時が予定されている。

なおトークン販売メニューは全14種類が用意されており、公開されている支援コースは10,000ptのものから10,000,000ptのものまであり、それぞれで獲得できるトークン数と特典が異なる。

例として限定5口の10,000,000ptのメニューでは10,000,000pt分のトークン付与に加え、「メンバーシップバッジNFT」、「投票企画・抽選応募への参加権」、「KAMITSUBAKI Resident Genesisの優先購入権」、「KAMITSUBAKI Resident Genesisのエアドロップ(10個)」、「KAMITSUBAKI COLLECTIBLESのデジタルフィギュア5種」、「神椿市メタバース内でのスポンサー広告掲示」、「2025年までにリリース予定の神椿市を舞台とした各種ゲーム・ライブでのエンドロール掲載」などが用意されている。

なおFiNANCiEポイント(pt)は、FiNANCiEプラットフォーム上でのみ使用できるポイントのことで1pt=1円で購入できる。

「あたらしい経済」編集部は今回の取り組みに関して、「KAMITSUBAKI DAO」より以下のコメントを得た。

『KAMTSUBAKI STUDIOは、多種多様な次世代のクリエイター達と共にネットカルチャーの最先端を産み出す、YouTube発のクリエイティブレーベルであり、新時代のアーティストマネジメントです。同スタジオ所属のバーチャルシンガー・花譜は今年2022年8月24日に、バーチャルシンガーとしては初の日本武道館公演を成功させました。

Web3コミュニティ「KAMITSUBAKI DAO」の活動を通して、我々がこれまでファンの皆さんと共に開発してきたオリジナルの架空都市「神椿市」を、独自のメタバースとして建設することを目指します。トークン発行型のクラウドファンディングを活用し、共にKAMITSUBAKIの価値を高めていくことが出来たらと思っています。皆さまのご参加を心よりお待ちしています』

関連ニュース

「仙台大学サッカー部」、FiNANCiEでトークン発行

「南葛SC」が「FiNANCiE」でトークン追加発行

短編アニメ「お米戦隊マイマイマイ」制作、avenirが「FiNANCiE」でトークン発行

女子Tリーグ「九州アスティーダ」、FiNANCiEでトークン発行

FiNANCiEってどんなサービス?(月刊フィナンシェ 2022年2月号)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【9/30話題】バイナンスがETHWのマイニングプール提供、ワーナーミュージックとオープンシー提携など(音声ニュース)

バイナンスがPoW版イーサリアム「ETHW」のマイニングプール提供開始、1か月は無料で、ワーナーミュージックとオープンシー提携、Music NFTプロデュースへ、メタマスク、暗号資産やNFT一覧表示機能「Portfolio Dapp」β版を公開、DG Daiwa Venturesがアフリカ暗号資産取引所「Yellow Card」へ出資、Polychainらと、ビットポイントがIOSTのネットワークノード参加、ステーキングサービスも今後展開へ、アバランチ(AVAX)活用の再保険「Re」、シードラウンドで約20億円調達、共和党議員ら米国個人年金制度(401k)の投資先拡大する法案提出、暗号資産も対象に、米ブラックロック、欧州でブロックチェーン関連企業ETF発売、USDCのサークル、決済システム企業エレメンツ買収、暗号資産決済の簡略化目指す、BISやイスラエル・ノルウェー・スウェーデンの中銀、CBDC調査プロジェクト開始、フェイスブックとインスタの「NFT投稿機能」全米ユーザー利用可能に、クロス投稿も、FTXグローバル、「Synapse (SYN)」取り扱いへ、バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得、フラクトン、ファイルコイン(FIL)開発のプロトコルラボと協業、京都府丹後にコミュニティ通貨「コッペ」導入、カヤック「まちのコイン」活用で、日本ガイシとリコー、BC活用の電力デジタルサービス事業化で合弁会社設立へ、Bリーグ所属3チームがFiNANCiEでNFT配布、岩手ビッグブルズ・佐賀バルーナーズ・鹿児島レブナイズ、堤幸彦、本広克行、佐藤祐市の「SUPER SAPIENSS」、ジェネレーティブNFT販売へ

Sponsored