FTX EUが欧州全域でサービス提供可能に、キプロスでライセンス取得により

FTX EUが欧州全域でサービス提供可能に

各国で暗号資産(仮想通貨)取引所を展開するFTXの欧州・中東部門「FTX EU」が、欧州経済圏全域でサービスの提供が可能になったことを9月15日に発表した。

発表によるとFTX EUは、キプロス共和国のキプロス証券取引委員会CySEC(Cyprus Securities and Exchange Commission)から付与された、キプロス投資会社ライセンスCIF(Cyprus investment firm)を取得したとのこと。

これによりFTX EUは、アイスランドやリヒテンシュタイン、ノルウェーなどの欧州経済圏全域でサービスの提供が可能になったとのことだ。

CIFは、通称「MiFID II」フレームワークと呼ばれる欧州の金融商品市場に関する指令に基づくもので、FTX EUは顧客資金の分離・保護、業務運営の完全透明性、自己資本規制などの厳格な金融基準の遵守を求められるという。

そのためFTX EUは、暗号資産サービスプロバイダーとしてのローカル登録よりもはるかに高い基準が要求される為、「MiFID II」のライセンス下で暗号資産交換サービスを提供できる世界で唯一の取引所になったとのことだ。

またスイスに持株会社を持つFTX EUは今年8月、ドバイ首長国で暗号資産取引サービスを提供する為の承認ライセンス(Minimum Viable Product:MVP)を取得したことを発表している。

関連ニュース

FTX Europe子会社、ドバイで暗号資産取引提供の完全承認ライセンス取得

FTX、欧州と中東の事業拡大に向け「FTX Europe」設立

FTX、オルタナティブ投資企業SkyBridgeの株式30%取得

FTXグローバル、「Ravencoin(RVN)」と「Flux(FLUX)」を無期限先物で取り扱いへ

GameStopとFTXUSがパートナーシップ締結、一部店舗でFTXギフトカード取扱へ

参考:FTX EU
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Peera_Sathawirawong

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored