FTX、欧州と中東の事業拡大に向け「FTX Europe」設立

FTX、欧州と中東へ事業拡大に向け「FTX Europe」を設立

暗号資産(仮想通貨)取引所などを運営するFTXが、「FTX Europe」を設立し、欧州および中東地域へ事業拡大していくことが3月7日分かった。また「ftx.com/eu」のドメインを通じて、キプロス金融市場規制当局であるCySEC(Cyprus Securities and Exchange Commission)から認可を取得したとのことだ。

欧州と中東のユーザーは「FTX Europe」を通じてデリバティブ、オプション、ボラティリティ商品、トークン化された株式、その他のサービスや商品を含むFTXの商品にアクセスできるとのことだ。

現在「FTX Europe」は、スイスに持株会社を持ち、FTXの欧州および中東への事業展開を目的とした部門として運営されている。また中東キプロス共和国にも地域本部を設置しているとのこと。

CySECの認可取得について「キプロスは投資会社にとって非常に評判の高い司法権であり、規制された会社は欧州経済領域(EEA)全体(欧州連合と3カ国を含む)へのアクセスを提供します」とし、「ヨーロッパのユーザーにデリバティブサービスを提供できるようになったことは、ヨーロッパにおける暗号資産取引所の新しいスタンダードとなります」と発表にて説明されている。

「FTX Europe」は今後、欧州経済圏全域でライセンスを持つ投資会社を通じて、欧州の顧客にFTXの主要商品とサービスの提供を開始するとのこと。またこれらの地域のユーザーは、FTXの取引技術と暗号資産の提供により、様々な暗号資産商品を取引できるとFTXは述べている。

なおFTXのグルーバルの展開としては、FTXのアメリカ法人「FTX US」がゲーム事業開始の為の新部門「FTX Gaming」の設立や、トークン化した株式の取引を提供する米国版「FTX Stocks」を今年に入り設立している。そして1月に米国市場本格参入に向け、日本のソフトバンクグループ(SoftBank Group)やシンガポールのテマセク・ホールディングス(Temasek Holdings)などの投資家から、シリーズAの資金調達ラウンドで約460億円(4億ドル)を調達している。

また日本への展開としては、先月2月、日本の暗号資産取引所Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)の親会社であるリキッドグループ(Liquid Group Inc)を買収し、既存の日本居住者のFTXユーザーをコイン(Quoine)に3月30日に移管するとしている。

関連ニュース

FTX、FLOWのラップドトークン「Wrapped Flow(WFLOW)」上場へ 

FTX、Terra(LUNA)とCosmos(ATOM)上場へ 

FTX、慈善ファンド「FTX Future Fund」を組成

「FTX US」がゲーム部門「FTX Gaming」設立、トークンやNFT発行支援 

FTX、コスモス基盤のクロスチェーンDeFiハブ「Umee(UMEE)」上場へ

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/SB

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】メタプラネットが10億円分のビットコイン追加購入へ、リップル社に対する民事訴訟の一部が棄却など

メタプラネット、10億円分のビットコイン追加購入を予告、トルコ暗号資産取引所「BtcTurk」のハッキング被害、バイナンス捜査協力で盗難資産を一部凍結、カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ、イーサリアムL2「ブラスト」のトークンエアドロ、1週間後に迫る、スイ(SUI)のMysten Labs、分散型ストレージおよびDAプロトコル「Walrus」公開、web3ゲーム特化「ローニンネットワーク」、ポリゴンCDK活用のzkEVMチェーン構築可能に

Sponsored

カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ

米リップル(Ripple)社への民事訴訟において、米カリフォルニア州の連邦判事は、リップル社が連邦証券法に違反したとの申し立てを棄却したが、リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏に対する民事証券訴訟は裁判に進むこととなった

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored