FTX、慈善ファンド「FTX Future Fund」を組成

FTX、慈善ファンド「FTX Future Fund」を組成

暗号資産(仮想通貨)取引所などを運営するFTXが、慈善ファンドを組成したことが2月28日に分かった。

ファンド名は「FTX Future Fund」。このファンドの目的は、長期的(ロングターム)に人類を発展させるための野心的なプロジェクトに資金提供することだという。

資金提供の対象は、営利組織、非営利組織、ハイブリッド組織だ。 リリースによれば、具体的な関心領域は、人工知能(AI)の安全な開発、壊滅的なバイオリスクの軽減、経済成長、大国間関係などに関わるプロジェクトだという。

このファンドはFTXの慈善事業部門であるFTX財団によって運営される。ファンドは今年度中、約115億円(1億ドル)の資金提供を予定しており、最大約1,115億円(10億ドル)の提供を見込んでいる。第一弾の応募は3月21日まで受け付けている。ちなみに資金提供の意思決定は、14日以内に行うことを目指しているとのことだ。

またFTXは今年の1月にWeb3領域特化の「FTXベンチャーズ」というファンドを約2,300億円規模で組成した。このファンドが注目している領域は「ゲーム、ソーシャル、ソフトウェア、フィンテック、ヘルスケア」。またFTXのアメリカ法人の「FTX US」は株取引の「FTX Stocks」のサービスローンチも控えている。

参考:FTX
images:iStocks/BadBrother
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/26話題】Horizon Bridgeハッキング犯人が資金洗浄、セルシウスが破産申請検討かなど(音声ニュース)

ハーモニー「Horizon Bridge」ハッキング犯人、マネーロンダリングを確認、セルシウス、チャプター11申請検討か=報道、スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表、アスター上の分散型取引所「ArthSwap(ARSW)」、「gate. io」上場へ、米コインベースでXCN、METIS、MONA、AST、MEDIA上場へ、ナッジ、「ベリロン」公式Visaクレカ提供開始、【取材】Concordium、「CCD」のデリゲーション機能追加

Sponsored

スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表

暗号資産ブローカーのボイジャーデジタル(Voyager Digital Ltd)が、財務危機となっている暗号資産ヘッジファンドのスリーアローズキャピタル(Three Arrows Capital:3AC) に対して、債務不履行(デフォルト)通知を発行したことが6月27日に分かった。ボイジャーデジタルが融資した1万5,250BTC(約429億円)と3億5,000万USDC(約474億円)対して、3ACが必要な支払いを行わなかったためだ。

【6/25話題】アクシーRonin Bridgeが再稼働へ、サミーやKADOKAWAらがNFT新会社設立など(音声ニュース)

アクシー「Ronin Bridge」が再稼働、ユーザーへ被害額全額返済へ、パチンコのサミーやKADOKAWAら、NFTサービス開発運営の「O-DEN」設立、カカオのクレイトン、OpenSeaと提携、リップル社、トロントに技術拠点開設へ、バイナンス、機関投資家向けプラットフォーム「Binance institutional」ローンチ、『攻殻機動隊』や『FAIRY TAIL』をweb3で世界展開へ、講談社とアニモカら、関西サッカーリーグ1部「アルテリーヴォ和歌山」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored