江戸川区サッカークラブ「TOKYO23FC」、FiNANCiEでクラブトークン発行

「TOKYO23FC」、クラブトークン発行

ブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」にて、関東サッカーリーグ1部に所属する「TOKYO23FC」のクラブトークン発行と販売開始が2月28日分かった。

2003年に発足した「TOKYO23FC」は、現在、江戸川区陸上競技場をホームとし、Jリーグ参入を目標に活動しているサッカークラブだ。

「TOKYO23FC」が発行するクラブトークンは「TOKYO23FCトークン」として販売される。「TOKYO23FCトークン」は「TOKYO23FC」のアカデミーやスクール事業の拡大、地域貢献活動の継続、そしてJリーグ参入へ向けたチーム強化に利用されるとのこと。

「TOKYO23FCトークン」の購入者は特典として、クラブ運営に携われる体験やクラブ発の投票企画・特典抽選への参加権や限定イベント・限定グッズの応募などの権利が得られる。投票はトークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組みや保有しているトークン数の割合によって抽選特典の当選確率が変動する仕組みとなっている。また一定のトークンを保有しているサポーターには限定の特典も提供されるとのことだ。

現在発表されている投票企画案として、「ユニフォームデザインを決める投票」や「年間MVP選手を決める投票」がある。また抽選特典案として、「支援者専用VIP席での観戦権」や「キックオフパーティー参加権」がある。

トークンの初回販売期間は2月28日18時から4月14日21時の予定となっている。

あたらしい経済編集部は今回の取り組みに関して「TOKYO23FC」代表の苫米地満博氏より以下のコメントを得た。

「このまちに TOKYO23FCがあって、よかった」 そう思ってもらえるように、地域にとってかけがえのない存在になるための活動をみなさまと継続していくために、この度トークンを発行します。

Jリーグ昇格にむけたチームとしての強化にも皆さまに参加していただき、一緒に23区初のJリーグチームを作っていきましょう。

関連ニュース

サッカークラブ「EBRISA藤沢」、FiNANCiEでクラブトークン発行 

サッカー選手育成機関「DV7 JAPAN」、FiNANCiEでトークン発行 

ビーチサッカークラブ「FC琉球BS」、FiNANCiEでクラブトークン発行 

サッカークラブ「SS伊豆」、FiNANCiEでクラブトークン発行 

J3所属カマタマーレ讃岐、FiNANCiEでクラブトークン発行

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ