サッカークラブ「SS伊豆」、FiNANCiEでクラブトークン発行

「SS伊豆」クラブトークン発行

ブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」にて、静岡県社会人リーグ1部に所属するサッカークラブ「SS伊豆」のクラブトークン発行と販売開始が11月19日分かった。

「SS伊豆」は2016年J12リーグ相当からスタートし5年連続のリーグ優勝と昇格を続け、2021年現在はJ7相当リーグにあたる静岡県1部リーグに所属しているサッカークラブだ。

今回FiNANCiE上で発行されるクラブトークンは「SS伊豆トークン」として販売される。販売売上は主に「SS伊豆」のクラブ運営費と新規スクール会場の開設及び運営費に利用されるとのこと。

また「SS伊豆トークン」購入者は特典として、クラブ運営の一部に携われる投票企画への参加や参加型イベントへの招待、特典抽選への応募などの権利が得られる。投票はトークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組みや保有しているトークン数の割合によって抽選特典の当選確率が変動する仕組みとなっている。また一定のトークンを保有しているサポーターには限定の特典も提供されるとのことだ。

現在発表されている投票企画案として、「SS伊豆公式ユニフォームデザインを決める投票」や「年間MVPを決める投票」、抽選特典案として「SS伊豆所属選手&運営スタッフとの食事会への参加権」や「SS伊豆公式トレーニングウェアのプレゼント」が挙がっている。

「SS伊豆トークン」の販売実施期間は11月19日11:00~2022年1月11日21:00の予定となっている。

関連ニュース

プロダンスチーム「SEPTENI RAPTURES」がFiNANCiEでクラブトークン発行

関東サッカーリーグ1部「栃木シティ」、FiNANCiEでクラブトークン発行

ハンドボールチーム初、琉球コラソンがFiNANCiEでクラブトークン発行

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【9/22話題】アスターがビットバンクに国内初上場、コインチェックがイーサリアムネームサービス取扱など(音声ニュース)

国内初、アスター(ASTR)がビットバンクに上場へ。日本市場に本格参入、Coincheck NFT(β版)、イーサリアムネームサービス(ENS)取扱いへ、野村HDがスイスで暗号資産事業等の新会社、web3領域企業に投資へ、香港金融管理局、リテール型CBDCのロードマップ発表、ディーカレットが「Amber Japan」に社名変更し、デジタル資産PF「WhaleFin」提供開始、OpenSeaが「オープンレアリティ」実装、NFTの希少性表示、ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応、クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加、FTXグローバル、ソラナのDeFi「Hubble Protocol(HBB)」取り扱いへ、THNDR Games、「ソリティア」でビットコインを稼げるスマホゲームリリース、コインベース、web3開発者向けに無料API「Node by Coinbase Cloud」公開、Boba Network、アバランチ(AVAX)初のL2スケーリングに採用、クラーケンCEOジェシー・パウエル氏が辞任、会長職に

Sponsored

クラーケン、リキッドステーキングプロトコル「Liquid Collective」の開発に参加

堅牢性と透明性を備えたリキッドステーキングプロトコル「リキッド・コレクティブ(Liquid Collective)」の開発を目的としたコンソーシアムに暗号資産取引所クラーケン(Kraken)が参加したことを、同プロトコルの開発をサポートするアルヴィアル(Alluvial)が9月20日に発表した