アメフトNFL、NFTでバーチャル記念チケット販売

NFL、NFTでバーチャル記念チケット販売

米アメフトプロリーグNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)が米チケット販売会社であるチケットマスター(Ticketmaster)と連携し、NFTによる「バーチャル記念チケット」を販売開始したことが11月19日分かった。これらのNFTはポリゴン(Polygon)のブロックチェーン上で発行される。

発表によると、NFLのチケット販売ネットワーク(Ticketmaster、StubHub、SeatGeek)を通じて指定試合のチケットを購入し来場したファンは、試合終了後にNFTチケットを無料で受け取れるとのことだ。

なお指定試合の対象となるのは、11月7日から2022年1月9日の期間で行われる21試合だ。

さらにNFLでは全32クラブを対象に、各クラブ125個限定のコレクタブルNFTの販売も行う。販売価格は1個10ドル(約1,100円)となっており、米ドル決済のみ対応。暗号資産(仮想通貨)による決済は受け付けていない。すでにこれらのNFTの販売は開始されており、現在では二次流通もされ、その販売価格は1,000ドル以上の値がつけられているものもある。

また配布と販売されたNFTについては、チケットマスターがサポートするNFTマーケットプレイスで閲覧、管理できる。

NFLのブロックチェーン関連の取り組みとしては、9月にダッパーラボ(Dapper Labs)と連携してNFTプラットフォームをローンチすることが報じられていた。またNFL加盟の「ニューイングランド・ペイトリオッツ(New England Patriots)」が11月12日、チームのファントークンを発行できるプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」運営のチリーズ(Chiliz)とパートナーシップを締結した。

関連ニュース

「NBA Top Shot」のDapper Labs、アメフトの「NFL」と提携か

チリーズ「Socios. com」、NFLとMLSのチームと初提携

参考:NFLマーケットプレイス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/msan10

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【取材】JCBとDatachain、ステーブルコインなどデジタル通貨相互交換に向け実証開始

JCBとDatachain(データチェーン)が「デジタル通貨交換基盤」構築を見据え、異種ブロックチェーン間のインターオペラビリティ(相互運用性)に関する実証実験を開始したことが12月9日に分かった。両社は8月に異種分散型台帳間の相互接続についての共同研究を始めており、実証実験はその次の段階だと考えられる。

【12/8の話題】ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、人気ゲーム「ゴーストリコン」がNFTなど(音声ニュース)

ブロック(旧スクエア)がライトニング開発キット公開、ジャックドーシー人形も登場、UBISOFT、人気ゲーム「ゴーストリコン」にNFT採用。テゾス(XTZ)でNFTプラットフォームをローンチ、FTX、不動産を暗号資産で購入する機会提供。マイアミ市で開始、VisaやAmexら、暗号資産不正利用やマネロン対策ツール提供「TRM」に出資、【取材】DNP、ブロックチェーン活用で「n次創作物」販売に向けた実証実験開始、フィデリティとネクソが提携し、機関投資家向けサービス展開へ、バイナンス、機関投資家向け暗号資産カストディサービス提供開始、JFL所属プロサッカークラブ「FC大阪」、FiNANCiEでクラブトークン発行

Sponsored