アメフトNFL、NFTでバーチャル記念チケット販売

NFL、NFTでバーチャル記念チケット販売

米アメフトプロリーグNFL(ナショナル・フットボール・リーグ)が米チケット販売会社であるチケットマスター(Ticketmaster)と連携し、NFTによる「バーチャル記念チケット」を販売開始したことが11月19日分かった。これらのNFTはポリゴン(Polygon)のブロックチェーン上で発行される。

発表によると、NFLのチケット販売ネットワーク(Ticketmaster、StubHub、SeatGeek)を通じて指定試合のチケットを購入し来場したファンは、試合終了後にNFTチケットを無料で受け取れるとのことだ。

なお指定試合の対象となるのは、11月7日から2022年1月9日の期間で行われる21試合だ。

さらにNFLでは全32クラブを対象に、各クラブ125個限定のコレクタブルNFTの販売も行う。販売価格は1個10ドル(約1,100円)となっており、米ドル決済のみ対応。暗号資産(仮想通貨)による決済は受け付けていない。すでにこれらのNFTの販売は開始されており、現在では二次流通もされ、その販売価格は1,000ドル以上の値がつけられているものもある。

また配布と販売されたNFTについては、チケットマスターがサポートするNFTマーケットプレイスで閲覧、管理できる。

NFLのブロックチェーン関連の取り組みとしては、9月にダッパーラボ(Dapper Labs)と連携してNFTプラットフォームをローンチすることが報じられていた。またNFL加盟の「ニューイングランド・ペイトリオッツ(New England Patriots)」が11月12日、チームのファントークンを発行できるプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」運営のチリーズ(Chiliz)とパートナーシップを締結した。

関連ニュース

「NBA Top Shot」のDapper Labs、アメフトの「NFL」と提携か

チリーズ「Socios. com」、NFLとMLSのチームと初提携

参考:NFLマーケットプレイス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/msan10

この記事の著者・インタビューイ

呉心怡

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

「あたらしい経済」編集部
中国・浙江省出身の留学生。東京女子大学 人文学科に在学中。
文章を書くことが好き。中国語、英語、日本語の3か国語を話す。あたらしい経済では持ち前の語学力を活かし、ニュース記事を執筆。ブロックチェーンや経済分野については勉強中。

合わせて読みたい記事

【8/18話題】Phantomの新機能Burn NFT、Fractionalが約27億円調達とTesseraに名称変更など(音声ニュース)

ソラナのウォレットPhantomが新機能「Burn NFT」、スパムNFTバーンでSOL取得も、NFT分散所有の「Fractional」、約27億円調達と「Tessera」に名称変更、世界銀行グループ、炭素クレジットファンド設立へ、取引プラットフォーム構築も、FRB理事、デジタルドルに消極姿勢、クリプトドットコム、英国で暗号資産事業者の認可取得、コイントレード、ポルカドット(DOT)上場、FTXグローバル、ソラナDEXの「Orca(ORCA)」上場へ、eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ、欧州中央銀行、銀行への暗号資産規制を緩和か、オーストラリアで個人投資家向けビットコイン現物ETF提供へ、福岡市主催「学校では教えてくれないWeb3の可能性」8/27開催、オンライン配信も(渡辺創太/紫竹佑騎/設楽悠介)

Sponsored

eToro、米投資プラットフォームGatsby買収へ

株式や暗号資産などの投資プラットフォームを提供するイートロ(eToro)が、米国の株式などのオプション取引プラットフォームであるギャツビー(Gatsby)を買収するための契約を締結したことを8月17日に発表した。ギャツビーは2018年に設立され、米国の若年層向けに手数料無料で株式のオプション取引ができるアプリを提供してきた。