関東サッカーリーグ1部「栃木シティ」、FiNANCiEでクラブトークン発行

「栃木シティ」クラブトークン発行

ブロックチェーン技術を利用した次世代クラウドファンディングサービス「FiNANCiE(フィナンシェ)」にて、関東サッカーリーグ1部に所属する「栃木シティ」のクラブトークン発行と販売の開始が11月5日発表された。

「栃木シティ」は栃木県栃木市を本拠地とするプロサッカークラブ。2010年から2017年の期間JFL(日本フットボールリーグ)に参戦後、2017シーズンに関東サッカーリーグへ降格、2018年から選手をプロ化してトップチームの強化を図っている。2021年3月に日本一ピッチとスタンドが近いサッカー専用スタジアム「CITY FOOTBALL STATION」が完成し、Jリーグ参入を目指しているチームだ。

今回FiNANCiE上で発行されるクラブトークンは「栃木シティトークン」として販売される。販売売上は主に「栃木シティ」のクラブ強化・運営費用に利用されるとのこと。

また「栃木シティトークン」購入者は特典として、クラブ運営の一部に携われる投票企画への参加や参加型イベントへの招待、特典抽選への応募などの権利が得られる。投票はトークン保有数に応じて投票数が多くなる仕組みや保有しているトークン数の割合によって抽選特典の当選確率が変動する仕組みとなっている。また一定のトークンを保有しているサポーターには限定の特典も提供されるとのことだ。

現在発表されている投票企画案として、「マッチデープログラム表紙掲載選手の投票」や「ポスター掲載選手の総選挙」、抽選特典案として「クラブ代表が案内するスタジアム見学ツアー」や「大型ビジョンに名前と写真を掲載」が挙がっている。

「栃木シティトークン」の販売実施期間は11月5日11:00~12月20日21:00の予定となっている。

関連ニュース

ハンドボールチーム初、琉球コラソンがFiNANCiEでクラブトークン発行

J3所属カマタマーレ讃岐、FiNANCiEでクラブトークン発行

国内アメフト界初のクラブトークン発行「アサヒビールシルバースター」がFiNANCiEで

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【1/26の話題】IMFがエルサルバドルのBTC法定通貨化の見直し勧告、PleasrDAOが約78億円調達中かなど(音声ニュース)

IMF、エルサルバドルのビットコイン法定通貨化の見直しを勧告、PleasrDAO、約78億円を調達中か、ソフトバンクG元副社長の佐護勝紀やアニモカら、岩瀬大輔創業のNFTプラットフォーム「Kollektion」に出資、アルゼンチンサッカー協会がファントークンで二重契約か、ソシオスに次いでバイナンスと提携、ポルカドットパラチェーンのアカラ(ACA)、クラーケングローバルに上場、ビートルズ記念品がNFTに、ジュリアン・レノンがオークション販売へ、【取材】書籍出版にDAOを活用する「DAO BOOK PROJECT」開始、コインベースも協力、九工大とchaintope、「カーボンニュートラル・キャンパス」を目指し連携

Sponsored