FTX、Terra(LUNA)とCosmos(ATOM)上場へ

FTXにLUNA、ATOM上場へ

暗号資産(仮想通貨)デリバティブ取引所FTXで、暗号資産テラ:Terra(LUNA:ルナ)とコスモス:Cosmos(ATOM:アトム)が上場することが2月28日分かった。

FTXでの新規銘柄上場は、16日に上場したユーミー:Umee(UMEE:ユーミー)に続くものとなる。

発表によると、ATOM及びLUNAの取り扱いは3月1日14時(UTC:世界協定時)より取引が開始される予定で、取引ペアは LUNA/USD、LUNA/USDT、ATOM/USD、ATOM/USDTとなっている。 

テラは、主に供給量を自動調整できるアルゴリズム型(無担保型)ステーブルコインを発行するブロックチェーン。これまでテラでは、アメリカドルと連動した「Terra USD」(UST)、韓国ウォンと連動した「Terra KRW」(KRT)、モンゴルトゥグルグと連動した「Terra MNT」(MNT)が発行されている。なおテラのネイティブトークンであるLUNAは、ガス代やステーキング、ガバナンストークンとして使用できる。

なお現在LUNAは、バイナンス(Binance)やクーコイン(KuCoin)、フォビグローバル(Huobi Global)、ゲート(Gate.io)、クラーケン(Kraken)、ジェミナイ(Gemini Green)、オーケーイーエックス(OKEx)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他で取り扱われている。なお時価総額は約3兆8681億円となる(3/1コインマーケットキャップ調べ)。

コスモスは、ネットワークであるIBC(Inter Blockchain Comunication)を元に、異なるブロックチェーン同士での情報のやり取りを目的としたプロジェクト。

そしてコスモスは、Cosmos Network(ネットワーク)、Cosmos Hub(ブロックチェーン)、Cosmos ATOM(ネイティブトークン)、Cosmos SDK(独自ブロックチェーン開発キット)の総称をいう。またATOMは、Cosmos Hub(Gaia:ガイア)のネイティブトークンだ。

なお現在ATOMは、バイナンス(Binance)やコインベース(Coinbase)、クーコイン(KuCoin)、クラーケン(Kraken)、フォビグローバル(Huobi Global)、ゲート(Gate.io)、オーケーイーエックス(OKEx)、エムイーエックスシー(MEXC)などの暗号資産取引所の他で取り扱われている。なお時価総額は約1兆531億円となる(3/1コインマーケットキャップ調べ)。

関連ニュース

【初心者向け解説】テラ(LUNA)とは何か?全体像を大解剖(CauchyE代表 木村優氏)

【10分解説】コスモスでステーブルコインを発行するメリットとは?(CauchyE代表 木村優氏)

【10分解説】コスモスの分散型取引所、「Gravity DEX」とは?(CauchyE代表 木村優氏)

【10分解説】コスモスとポルカドット、何が違う?(CauchyE代表 木村優氏)

【10分解説】コスモス(Cosmos)の全体像について(CauchyE代表 木村優氏) 

参考:FTX(LUNA)(ATOM)
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored